kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

公務員は辛くなる

楽しさ溢れる朱子学カルトのディズマランド、バブル&団塊世代の上級国民勘違い息子たちがその人生に行き詰まり、自暴自棄にブチ切れて、恐怖の魔王となり、学校や交番を襲撃している。日本を没落させた張本人である団塊・バブルのディズマル世代の断末魔なのだろうか。

ホモ・サピエンスの胎児が、果たしてまともな大人に育つかどうかなんて本当に単なるガチャであり、家庭教育なぞ実はこの数百年しか歴史のないクソゲーでしかなく、こんなクソ社会で子どもなんてつくるものではないなと、こういう事件を見るたびに思ってしまう。

公務員が「ザ・安定」楽勝仕事だったのは今は昔で、朱子学カルト社会の終わりが近づくにつれて、下々の「四苦八苦のフロンティア」を強いられる損な役回りになっており、公務員なんぞは死んでもやりたくないなと他人事ながら思う。

市民の生・老・病・死の四苦に加えて、

  • 愛別離苦… 愛する者と別離すること
  • 怨憎会苦… 怨み憎んでいる者に会うこと
  • 求不得苦… 求める物が得られないこと
  • 五蘊盛苦… 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の4苦と向き合うお仕事が、公務員なのであり、下手すりゃ今回の事件みたいに殺されかけるし、殺されないにしても、日々がいっぱいいっぱいの弱者による負のオーラを浴び続けることになる。そんな損な役回り、やりたくないよね。

団塊・バブルの中高年って、思考停止している勘違いばかりなので、彼らへのご説明や根回しは、時間の無駄でいっさいやる気もなく、奴らの崩壊が加速するように、サボタージュ・マニュアルに忠実に、ただ祈るだけである。無駄な会議や無駄な書面や無駄な手続きがあると、その果てなき無駄さに、ぞくぞくする。

ディズマランドの斜陽産業役員とか、大して給料もらえるわけでもないのに、終わりゆくビジネスモデルの殿戦をやらされて、お気の毒極まりない。

東京ディズマランド・エレクトリカルパレードの電飾亀みたいな役員の息子たち、ある日突然ブチ切れて、世の中を困らせるたんびに思うのは、ホモ・サピエンスの個体バグについてであり、ホモ・サピエンスに備わる原始的な凶暴さについてであり、子どもを生み育てることそものもが、農業→工業朱子学カルト社会における、しょうもない同調圧力、洗脳にすぎないのだという悟りについてである。

そもそも核家族とか一夫一婦制度そのものが米軍から植え付けられた幻影でしかなく、いい学校→いい大学→いい会社→幸せな核家族→ハッピー・リタイアという線形な人生そのものが、冷戦期の虚構に過ぎない。

ロボットの人間化が進めば進むほど、公務員の仕事はなべて、人間のロボット化に失敗した弱者保護や取り締まりばかりとなり、割の合わないクソ仕事に変容する。国民国家そのものが要らなくなりつつある気がしてならない。