kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

これは景気悪化ではなく第2の敗戦

【要点】

  • 令和はやはりヤバいかも
  • 「失われた30年」の真因は、日米経済戦争の敗戦
  • 日本を棄てて海外で生きられるようになった方が良い

景気「悪化」に引き下げ 動向指数、6年2カ月ぶり:朝日新聞デジタル

6年2カ月ぶりに景気「悪化」に引き下げ、来た。令和はやはりヤバいかも。令和になってから、株価は下がりっぱなしだし、令和幕開けと共に始まった五輪チケット販売も速攻でサーバーダウン。Amazonはプライムセールとかでほとんどサーバー落ちないから改めてすごいなと思う。日本のITは、基本的に製造業のアナロジー(朱子学カルト的労働集約型ウォーターフォール式ビジネス)に過ぎないので、ひ孫受けくらいの零細企業が必死こいてやっていたりすることが多い。五輪チケ販のバックオフィスがどうなのかは知らんけど。ソースコードにハングルが書いてあると、話題になっていた。

【ハングル】東京オリンピックチケット販売サイトのソースに大量のハングル表記 韓国企業が製作か : まとめダネ!

いろんな意味で令和ヤバいムードが漂う。自民党の振りかぶった令和プロパガンダ・キャンペーンも、東京モー●学園みたいで、見ていて辛い。

♯自民党2019「新時代」篇60秒 - YouTube

「失われた30年」の真因はシンプルで、日米経済戦争の敗戦である。1945年が敗戦①、2010年代前半が敗戦②。①はGHQが、②はGAFAがやってきた。

Japan as No.1は元々、社会学者エズラ・ヴォーゲルによる1979年の著書で1980年代は、冷戦に乗じて日本が増長しまくった訳で、1980年代の米国はどん底だった。米国が日本を突き放したのは、まさに冷戦が終わってからで、つまり平成に入ってからと言える。

日本の産業構造が転換できていないことも勿論日本が萎縮する内因ではあるのだが、俺はやはり、冷戦というモラトリアムが完全に終わったことによる米国との緊張関係(経済戦争)こそが、日本衰退の真因だと思う。

東芝 営業利益6割近く減 収益力の強化が課題 | NHKニュース

何一つ希望のあるニュースがない気もするけど、これはきっと気のせいではない。楽観視できる要素なんて何一つないじゃないか。ええじゃないか。日本の自称「エスタブリッシュ」メディアは、こぞってトランプ大統領を「困り者の異分子」扱いなんだけど、むしろ「この30年間の日本冷遇の総仕上げ」をする「真打ち登場」なのであり、日本の小利口な政財官学の完全なる手詰まり、行き詰まりなのではないか。

生物的に団塊世代が死に絶え、1945年にうやむやにされたまんまの敗戦を70年のマイナス複利含みで一括清算してから、ようやっと再起できるのかもしれない。団塊世代死滅まであと20年はかかる。若い人だけでなく俺なんかも、さっさと日本を棄てて海外で生きられるようになった方が合理的。

【キーワード】

  • 日本
  • 令和
  • 米国
  • 冷戦
  • 団塊世代
  • 完全
  • 1980年代
  • 真因