kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

夏服と手ぶら

【要点】

  • 定時なんてあるから、相互監視が始まる 
  • ICレコーダー(全録用) 
  • はやくスマホ完結になって欲しい

「わたし、定時で帰ります」っていうドラマがあるけれど、定時っていうのがなんとも昭和。昭和に定時が必要だったのは、工業が主力産業で全てが工場中心の仕事だったから。

いまだに定時なぞあること自体、日本の産業構造が全く変わっていないことの証明であるし、そんな時代錯誤の定時なんてあるから、相互監視が続く。相互監視があるから、令和の始まりに全員いっせいに10連休してしまう。

みんなが鞄持っているから似たような鞄持ってる。最近はやたらでかいリュックを背負うサラリーマンも多いけど、俺はそいつらを尻目に「荷物の重さは頭の軽さ」をモットーに手ぶらライフに磨きをかけている。

まだ少し肌寒いけれど夏服になって、また手ぶらの純粋さが試される季節に入った。手ぶら原理主義を進めつつ、最新の持ち物は次の通り。

  • iPhone X
  • OPPO( Android中華スマホ)
  • AirPods
  • ICレコーダー(全録用)
  • 耳栓
  • 家の鍵
  • 社員証カード
  • デビットカード
  • 図書館カード
  • PASMO
  • ティッシュ
  • 扇子
  • サングラス

少なっ。ジャケットには、扇子とサングラス以外何も入れない。

最近の変化としては、ICレコーダー全録生活がすっかり定着して、紙のメモとペンを全く持ち歩かなくなったことである。メモしたい言葉は、スマホに音声入力をするかICレコーダーに音声を残しておくか、のいずれか。全録生活をするようになって、他人の話をリアルタイムではほとんど何もきかなくなった気がする。

それから音声入力と全録の影響で、携帯キーボードなどの余計な電子デバイスを全然持ち歩かなくなった。またOPPOのバッテリーの持ちが異常に良いので、バッテリや充電プラグやケーブルも持ち歩かなくなった。外付けキーボードや充電のデバイスは自宅とオフィスにあれば何の問題もない。

いまひとつ悩ましいのは、キャッシュレスの中途半端な状態である。もうすでに現金を持つことはほぼないのだけれど、1日乗り放題切符を買ったり、不意に発生した現金を電子化したりするのにプラスティックのPASMOが必要だったり、デビットカードはプラスティックカードで持たないと万能でなかったりと、過渡期的でスッキリしない。プラスティックカードなんていう米国ミッドセンチュリーモダンなもの、ほんと要らない。はやく顔認証になって欲しい。

鉄道系のインフラもやたら古くて何とかして欲しい。一日乗車券のなかでも、都バスの一日乗車券はSuicaやPASMOでOKなのに、都営地下鉄乗り放題を加えた都営まるごときっぷは、なぜか磁気カード。

JRや私鉄の一日乗り放題切符は紙のまんまだし、乗り放題切符の紙片を持ち歩くのがだるい。はやくスマホ完結になって欲しい。

腰痛でもないのに腰痛持ちとかなんとか言って、最近はスタンディング・デスクで作業している。PCそのものをあんまり使わなくなっているし、パワポもほとんど使わない。

ソファに座っているか、歩いているか、寝っ転がっているか、眠っているのどれかにしたい。デスクワークそのものがもうたいして重要ではなくなりつつある。

【キーワード】

  • カード
  • 全録
  • 定時
  • 切符
  • 音声
  • ICレコーダー
  • スマホ
  • 手ぶら
  • そのもの
  • 腰痛
  • 一日乗車券