kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

10連休ではっと我に返る若者たち

【要点】

  • 何にもしてないくせに、何かをしたような気になっている奴ら
  • いま若者が日本企業に感じている「ダメだこりゃ」感を、少し前まで感じていたのは外人
  • ゴールデンウィークが終わったら、しょうもないクソ会社なんて辞めちゃう人が続出するだろう

今日から再来週の月曜日までだらだら過ごす。でも本当は俺はこれまでも超絶だらだらしてきたし、再来週の火曜日以降も、ひたすらだらだらして過ごす。政治屋のみなさんは矢鱈とゴールデンウィークは税金で外遊しているわけだけど、俺は移動そのものが好きではないので、海外出張もゴメンだし、国内移動すらもかったるい。

日本人は相互監視によって一斉に休むという側面もあるけど、いまでもみんなが同期して休む本当の理由は、日本の基幹産業がまだ工業だからである。ラインは一度動かしたら、なかなか止められない。日本の製造業は大体どこでも工場の稼働効率が最大化するように独自のカレンダーを設けている。盆暮れやゴールデンウィークは一斉に長期で工場を止める替わりに、普段の祝日は工場を止めずに働いている。

ではこの国で誰が一番休んでいるかといえば、上級公務員や発注権限の大きな大企業のホワイトカラーである。彼らは完全週休二日制は勿論、祝日も休むし、盆暮れゴールデンウィークも製造業と合わせて休む。

日本の上級ホワイトカラーの多くは、その活動の殆どが「仕事もどき」「仕事ごっこ」なので、いくらでも休めてしまう奴らばっか。いま勤めている会社の外では殆ど通用しない人たちばかり。管理職の仕事は現時点で殆ど不要だし、現場仕事の多くが管理職の為のパワポ作成や、下請けへの丸投げ、単なる手配師のような仕事が殆どである。

一昨日のブログで、「もはやデカくて古い会社や組織に残存しているのは、偉くもないのに偉そうな次世代シニアと、同調と相互監視に飼いならされた血の濃い生え抜きゼネラリストと、新しいことや合理的なことを心底憎悪するbureaucratsによる政争だけである」と書いたけどこれは本当にその通りで、付加価値の殆どないゾンビ社員ばかり。つまり彼らは元々平日も働いてないのだから、この10連休も変わらず働いてないだけ。つまり俺とおんなじじゃんか。俺よりも奴らがダメなのは、何にもしてないくせに、何かをしたような気になっているところ。

流石に若い人々のバブル世代への反感はひどくなる一方で、もうとっくに見限っている。

大企業って未だに新卒採用でしか入れないから、若者も一応は入ってみるものの、中身がスカスカの大企業の実態にさっさと見切りをつけてすぐに辞めてしまう。

そりゃそうだろ。「仕事ごっこ」「組織ごっこ」なんて「仕事」ではない。楽しくないのである。

いま若者が感じている「ダメだこりゃ」感を、少し前まで感じていたのは、外人である。日本の「仕事」は「仕事ごっこ」ばかりで得るものがないと早々に日本企業を見切って、外人はさっさと相手にしなくなった。俺みたいな「ばか者」は、外人よりもっとはやく見切っている。見切ってから、はや20年経つなあ。

日本企業の多くはもはや「ばか者」「余所者」「若者」からの軽蔑、嘲笑の対象でしかない。バブル世代のオッサンどものために忖度したって、会社あと10年なんてもたないっぽい……そう悟った人からじゃんじゃん辞めていく(笑)。

このゴールデンウィークが終わったら、そんなしょうもないクソ会社辞めちゃう「ばか者」「余所者」「若者」が続出するだろう。

それでいいのだ。

【キーワード】

  • 若者

  • 会社

  • 日本

  • ゴールデンウィーク

  • 大企業

  • 工場

  • 余所者

  • ばか

  • 日本企業

  • https

  • 人々