kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

AirPods2の感想

【要点】

  • AirPods2、万全の即ゲット
  • AirPodsのUIこそが、いま一番Appleのプロダクツのなかでそのオリジンを感じさせるもの
  • AirPods2に感じるAppleの底堅さの片鱗が日本のクソ事業にはどこにもない

昨日届いたので満充電して早速日帰りの出張に持って行く。ここのところ立て続けに発表されたAppleの新商品のなかで、ほぼ唯一食指が動いたのが、このAirPods2。既に初代AirPodsはメルカリで下取りに出してあり、万全の即ゲットなのである。

f:id:Mushiro_Hayashi:20190329221041j:image

イヤフォンもケースも外観は全く変化なし。初代と2両方持ってる人はどっちがどっちだかわからなくなるレベル。

早速つなげてみる。

接続が初代より速くなった気がする。コネクトはあっという間。ここら辺のUIはさすがだなあと思う。AirPodsのUIこそが、いま一番Appleのプロダクツのなかでそのオリジンを感じさせるものだと思う。

人間の8割は知性が足りないのであって、AirPodsの思想の根本にあるのは、8割のアホでも快適に使えるということ。ソニーの防水ウォークマンとか、物理ボタンが複雑で、こんな高等な機械使えるのは俺ぐらいなんじゃないかと思ってしまう。

日本企業はバカが喜ぶものをつくるという基本的なマーケティングのマインドがない。ごちゃごちゃしてて、よくわからないんだよ。

俺が2代目に感動した最大のポイントはSiriによる音声入力である。初代ではイヤフォンを2回タップしないとSiriに繋がらなかったのだけど、新AirPodsはHey Siriで反応してくる。

「メモして」でメモ帳にメモしてくれる。これはウォーキングしながらの音声入力が捗るかも。Simejiばっかり使っていて気付かなかったのだけれど、Siriの音声入力精度もかなり良くなっている。この辺の機械学習領域は、その進歩がめちゃくちゃはやい。

コスパで言えば中華イヤフォンは圧倒的にいいし、人間と機械のインターフェースで言えば、Appleの設計や体験デザインは素晴らしい。日本のものづくりなんて本当にクソだなと思う。

ソニー、中国のスマホ工場生産終了 販売減で体制見直し :日本経済新聞

ソニーのスマホが事業縮小、現行の8000人体制を半減させるとのことだけど、逆にいままで8000人体制でやってたことに驚く。そりゃ儲からないだろうなあ。

日本企業って、ほとんどみんなこんな感じ。日本のものづくりは、平成20年頃のリーマン・ショック後でほぼ終わっていると思う。

カメラとかクルマとかも、これから相当厳しくなるなと思う。売ってるクルマが昭和のものとあんまり変わらない。こんなもん要らねえよ。

いま残ってるプロダクトや事業でもあと5年で本当にどこまで落ちるかわからない。残っているのは、サブリース用のアパート建築事業とか、奴隷のように人間を安く使い倒すコンビニエンスストア事業とか、福島第一原発の廃炉事業とか、クソみたいな事業ばかり。

AirPods2に感じるAppleの底堅さ、のような片鱗が、日本の事業にはどこにもみられない。平成が終わろうとしているいま、昭和の資産が尽きようとしている気がする。パイオニアが上場廃止になったけど、俺のような世代からするとパイオニアがこんなになるなんて、20年前には想像もできなかった。

 

【キーワード】

  • 事業

  • AirPods

  • 初代

  • Apple

  • 日本

  • 音声

  • Siri

  • 人間

  • イヤフォン

  • パイオニア

  • 体制