kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

毎日が春休み

【要点】

  • 「やめてやる」ではなく「やめている」の精神
  • サウナ時間すら計らなくなった
  • コーヒー専用魔法瓶

景気は昨年11月から後退局面、五輪なぞの線引なんて、グローバル経済からすればとことんどうでもよくて、景気後退もほぼ確実。

俺は昔から晩冬〜春先にかけて気持ちが塞ぐ傾向があり、今年も例に漏れずどよんとしていた。まあこういう時であろうとなかろうと、なるようにしかならない諦念をもって生きているので全然問題はない。恐らく他者からは気づかないレベル。

「やめてやる」ではなく「やめている」の精神で生きている。僅かに「や」と「い」の違いだけど両者は大違い。人生を「やめている」人間の世界は、やたらとこざっぱりしている。目標設定そのものをしない。夢を持つとかアホくさい。いま・ここ・わたしにしか注目しない。過去も未来も他者も、実存しない。

腹が減って気が向いた時にその時に食べたいものを食べる。計画性はない。サウナも好きな時に好きなサウナに行く。最近はもうサウナ時間すら計らなくなったので、暑苦しくなったら堪えずに出る。

本日も、午前中から開けている銭湯サウナでちんたら朝風呂。YouTubeの音声を聴きながら。サウナ室はおっさんでかなり混雑していた。サウナ室は勿論刃物の持ち込みが禁じられているけれど、唯一持ち込みOKの刃物がある。なーんだ?【答えは最後に】

風呂場でフルチン真っ裸でうろついているおっさんこそ、ルソーの森を彷徨うホモ・サピエンスである。

森をさまよう彼には産業も、言葉も、家も、戦争も連帯もなく、仲間の必要もなく、同じく仲間を傷つけようとすることもない。(ルソー『人間不平等起源論』)

真っ裸なので戦争も連帯もない。仲間なんて要らないなあと思う。風呂を出て食いたいもの食って、昼寝してもう、夕方である。

明日からまた地方都市をあちこち出張で放浪するけれど、最近はビジネスホテルとかも予約しない。本当に旅慣れてきて、都市部なら一万円弱のビジネスホテルなんてぜんぜん要らないと思う。春になってきたので防寒具も要らなくなりますます身軽になる。その日格安で泊まれる禁煙ビジホがあれば泊まるし、なければサウナでダラダラ過ごす。

余計な持ち物を持たず、迷ったら持っていかない。持ち物なんてない真っ裸の姿こそ、人間の本来の世界。会社なんてものは事実上もうとっくにやめているので、出張なんぞは単なる有給の社会科見学なのである。

タイガー 水筒 600ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 ブルーブラック MMJ-A060-KA Tiger

このタイガー魔法瓶魔法瓶にコーヒーを淹れて持参する。コーヒー専用魔法瓶。アルコールをやめてからちんたらコーヒーを飲むことが楽しみになった。この魔法瓶だとスタバのベンティサイズでフル充填になる。

出張先ではマンガをスマホで読むことが多い。スマホがあれば本当はPCは要らないけど一応持っていく。観るのはAmazonプライムの映画。アルコールとタバコはダメなので、ナイトライフもゼロ。今年になって新聞を殆ど読んでない。地上波テレビもまるで見ない。

【答え】は「手刀」。サウナでは手刀を切るだけで戦争を回避できる。