kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

多拠点コリビング

【要点】

  • タイムズのカーシェアの面白い使い道、3つくらい思いついた
  • 多拠点コリビングなら、車寅次郎みたいに生きていける
  • 固定費がぐんと下がれば自由になる

タイムズのカーシェア、なんか面白い使い道ないかなあと色々考えていて、取り敢えずやってみようかと思うことは、3つくらい思いついた。

まずは手堅いのが深夜にタクシーの代わりに使う。終電がなくなったならカーシェアで運転して家に停めて寝て、翌日午前9:00までに返せば2080円。往復1回分の交通費がかからないので、安い。23:45には使えるから、泥酔者にまみれて終電で嫌な思いして家に帰るよりはマシかもしれない。

2つ目のアイデアは、出張先での車中泊。仕事終わったら飯食ってから、都心にあるサウナか銭湯でスッキリして、23:45にカーシェアにチェックイン、フルフラットになる機種を早めに確保しておく。現地でもっといい代案が見つかれば、直前でもキャンセルOKなので、当日空きのある安いホテルと比較して、格安かつ禁煙の出物があればそっちに泊まる。

3つ目のアイデアは、18:00から翌朝9:00まで借りられる、ダブルナイトパックっていうコースで17:45に出発、箱根あたりのスーパー温泉で風呂に入って車中泊して、日の出と共に帰ってくれば、宿泊費なしで旅行気分が味わえるかも。まあわざわざ箱根まで行かなくても、深夜までやってる駐車場付きのスーパー銭湯なんかでもいいかも。近郊のオートキャンプ場で、火を起こして飯を食うのもいいかもしれない。俺の場合、ホテルや旅館は禁煙部屋じゃないと嫌なので、クルマの方がかえっていいかもしれない。

多拠点コリビングの「ADDress」というサービスがこの4月から始まるみたいで、興味深い。

定額で全国住み放題の多拠点コリビングサービス「ADDress」発表! | IGNITE(イグナイト)

月4万円で、日本各地あちこちを渡り歩きながら暮らせる。賃貸住宅なんてもう契約せずに瘋癲の車寅次郎みたいなライフスタイルが実現する。PCがあれば仕事できちゃう人であれば、月40,000円に加えてある程度の食費と生活費があれば生きていける。シェアハウスでもいいんだろうけど、同じ場所に居続けようとすれば人間関係もウザくなるから、クサクサしたら別の場所に気軽に移住できれば、人生に転地療法を入れ込むことができて良さそう。

これはカーシェアの住居版みたいなことで、寝る時間と場所さえあれば生きていけるっていうこれからのライフスタイルのイメージに近い。

固定費がぐんと下がれば自由になる。固定費とは人頭税であり、泥棒。とにかく余計な固定費を使わずに、変動費化して生きていければ自由に近づいていく。

東京には月極90000円で滞在できるサウナもあるし、これからはこういうコリビング・サービスもたくさん出てくるだろう。俺がいま欲しいのは、平日の昼間だけうだうだできるサボリーマン専用のマンションみたいなもので、昼(10:00〜18:00)は5人くらいで共同で借りてサボり、夜(18:00〜10:00)は2、3人が泊まれるような、昼と夜で利用者が入れ替わるスペース。

家賃15万円くらいのマンションならひとり2万円くらいで成立する。最近はカギをシェアするソリューションもあるので、なんとかなるんではないか。

コンビニ各社、民泊チェックイン続々スタート ローソン、ファミマに加えセブンイレブンも参入 | 民泊・ホテル専門メディア Airstair

 

【キーワード】

  • カーシェア

  • 場所

  • マンション

  • 自由

  • 固定費

  • ライフスタイル

  • 箱根