kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

クールではなくカルト・ジャパン

【要点】

  • 内閣府に正しさを求めても仕方ない
  • 江戸そのものがブラック労働の集大成
  • クールではなくカルト・ジャパン

クールジャパン戦略見直しへ 政府、省庁間連携を強化 :日本経済新聞

こういう記事を粗製乱造している新聞記者のことを、「記者」とか「ジャーナリスト」とか呼んではいけないと思う。彼らは単なる記者クラブの「同人」であって、仕事の大部分は単なる「トリテキ」である。キモいのは彼らのPCはなぜか必ずPanasonicのレッツノートなので、その不気味な統一への不快を込めて「レッツノートくん」と呼ぶことにする。内幸町にある日本レッツノートクラブ。文字通り、ノートテイキングの垂れ流しで、付加価値ゼロの仕事ごっこ。

とはいえ一応、この記事も「13年に発足した官民ファンドの海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)の業績不振も戦略性のなさが一因」なぞと曖昧な批評はカタチだけ載せている。でも「クール・ジャパン機構」がどれくらいの税金を無駄にしたのか?  には触れていない。まともな言論人なら、そこんところに切り込むだろふつう。

「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた(原野 城治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

これくらいの損害で済んでいるとは到底思えないのだが、まああらゆる統計がおかしいのだから、彼らに正しさを求めてももはや仕方ないのだろう。

しかもこのクール・ジャパンなる概念はハリボテであって、1990年代の「クール・ブリタニア」のパクリであると言われている。イギリスをパクっていればとりあえず安心という寝ぼけた薩長イズムでしかなく、こんなものはBBCをパクったNHK同様、プロパガンダと金儲けのための英国劣化コピーでしかない。

クール・ジャパンとは、冷戦期の徒花の工業化社会バブルの残像、お花畑の未来投影でしかなく、フランスのミッテランが相撲好きとか、ピチカートファイヴが欧米で人気なぞという「インターネット以前」のニッチャー文化の恥垢に過ぎない。そんなオワコン極東サブカルチャーを、いまだにどうこうしようとしている発想がファシスト的であり、超絶キモい。

「江戸しぐさ」礼賛は流石にフェイク、ポスト真実だとして駆逐されたけど、その後も「江戸マンセー」のプロパガンダというポスト真実は、これでもかこれでもかと打ち込まれる。

NHKスペシャル | シリーズ 大江戸第1集世界最大!! サムライが築いた“水の都”

なんじゃこりゃ。江戸そのものがブラック労働の集大成だし、そもそも江戸が世界一の人口都市になったのは、日本人がすごいからでもなんでもない。

単に「都会に出ていかないと死んじゃうから」である。朱子学カルトは心底、合理性を恨んでいるので、「銃より刀」「機械より手作業」「豊かさより我慢」といったカルト思想を徹底的に叩き込んだ。地方農村部は長男以外はまともな耕作地を与えられず、生まれながらにして窓際扱いが確定していたのである。一生いじめ倒すシステム。

仕事も資産もない人間が仕方なく都市部へ出てきたのであって奴隷制以下。朱子学カルトは、奴隷より下のライフスタイルを世界でもはじめてつくりあげたのであり、江戸を誇らしく思う情弱は、万死に値すると思う。

クールではなくカルト・ジャパン。いま外人が日本にたくさん来るのは、物価が安いからである。単にそれだけのことなのだ。そのうちパタっと来なくなる。

 

【キーワード】

  • カルト
  • 江戸
  • NHK
  • クール・ジャパン
  • クール・ブリタニア
  • 朱子学カルト
  • 都市
  • ポスト真実
  • レッツノートくん