kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

禁煙ルームと禁テレビルーム

【要点】

  • 旅先の部屋にはテレビなんて置かないで欲しい
  • プロパガンダは「命令」でしかないので、シャットアウト
  • 大人気商品はプロパガンダのシャワーなんて丸で必要ない

旅先の旅館には当然のようにテレビが置いてあるのだけど、もはや旅先にテレビなんて置かないで欲しい。うっかりあれをチューンしてしまうと、あれの独特なトーン&マナーにこちらの精神が穢れる思いがして、とことん不愉快。やたらめったらスーパーインポーズで文字を読み込ませようとする姿勢もプロパガンダめいていて不気味だし、劣化極まりない作り手の息吹が伝わってきてなんとも悪寒が走る。

とにかく誰からも怒られないように、とはいえ少しだけ目立って視聴率が稼げるように、その為だけに最適化されたコンテンツは、完全ガラパゴス。劣化人間による劣化人間の為のコンテンツ、型通りにスーパーインポーズのテキストを流し込むだけのシュールなお仕事。

ドラマなぞも決まって薄気味の悪い池沼キャラがやたらと出てくるのは、型通りに進めないと企画会議を通らないからだろうか。

少し前まで新聞紙を触るとなんか穢れる気がしていたのだけど、いまはあの独特の判で押したような定型トーン&マナーに視覚が触れると、自動的に穢れる気がして電源を切ってしまう。

最近はテレビも軽量化されているので、旅館やホテルを予約する時に、テレビ設置やチューナー接続の要不要を希望で伝えられるといいかもしれない。禁煙ルームと「禁テレビ」ルーム。数百円安くなるとなおよし。

自宅リビングにおいても、チューナー付きの大型テレビをリビングの中心に置く常識はもう要らないのではないか。少なくとも俺は、もはやアマプラやNetflixを観る為だけに大型モニタを置くけれど、それはリビングではなく書斎の方が便利だったりする。映画を誰かと観たい気持ちがほとんどないので、家でも独りで観たい。

だからリビングには大型テレビなんてない方がいい。

俺はそもそもNHKが要らないので民放も自ずと観ない。つまり地上波チューナーが要らない。最近はYouTubeも広告が超絶ウザいので、MP3の音だけに変換して、広告を排除して聴いている。

プロパガンダのあらゆるコンテンツは何にせよ「命令」でしかないので、プロパガンダと判明した時点でシャットアウトしてしまう。プロパガンダ臭が微かにしただけで、要するに売れてないからプロパガンダしていることが判明する。大人気の商品はプロパガンダのシャワーなんて丸で必要ない。大声で喚き散らしながら売ろうとしているもののなかに、アパマンやレオパレスなんかももちろん入っているわけで、2月なぞは新生活需要で鬼のように打ち込まれている。

金持ちの老人に「ウチにお金の相談に来なさい」的な広告も多い。昨年は銀行が売り捌いた投資信託を買った99%の客が損したらしいけど、プロパガンダしている時点で「売れてない」「売れないと困る」「何としてでも売らねば」を直観しなくてはならない。

全体主義が衰退したようにマス・マーケティングも衰退する。これは歴史の必然であり、どうせ将来なくなるものならば、いますぐ捨てても全然問題ない。捨てるべきものがよくわかるので、彼らが大声で喚き散らしてくれて、とても助かる。