kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

手ぶらにベストな財布

【要点】

  • スマホがあれば、俺の場合残るプラスティックは、サラリーマンのIDカードだけになりつつある。 
  • この世界からバッヂ処理やプラスティックカードが早くなくなって欲しい。
  • いまのところ俺がベストだと思う手ぶらの財布は、モンベルのトレールワレットである。

いま、支払いの完全リアルタイムかつ電子化を進めている。つまり、

  1. クレジットカードによる後払い
  2. Suicaやnanacoみたいな前払い
  3. 持ち歩くコストとリスクの高い現金払い

この3つをとことんなくそうとしている。この観点で行くと、QUICPayも単なる上記1なので、いまひとつ。クレカのプラスティックカードを持たずに、スマホだけでキャッシュレスの即時決済をしたいのだが、PayPayなどのQRコード決済はまだ対応店舗が少な過ぎる。(みずほが既に対応しているみたいだけど、俺にとっては、みずほはスルー対象)

この春からじぶん銀行がスマホ完結タイプのデビッドカードサービスをはじめるようで、じぶん銀行の「スマホデビット」なるサービスはQUICPayインフラとデビットカードをくっつけるサービスみたいだから、まだはっきりとした機能はわからないけど、この春から開始とのことで、少しだけ期待している。

この世界からバッヂ処理やプラスティックカードが早くなくなって欲しい。Suicaのような前払いは論外。プラスティックカードというのは本質的にバッヂの為にあるものなので、即時決済になればプラスティックカードは要らなくなるはず。

なんでリアルタイム決済に揃えたいかと言うと、支払い判断を前倒しも先送りもしたくないからで、昔ならばその方法は現金決済しかなかったのだけれど、ようやっと現金を持ち歩くことなく即時決済できるようになってきた。クレカの支払い明細を見ると殆どの決済はわざわざ後払いする理由がない。

スマホがあれば、俺の場合残るプラスティックは、サラリーマンのIDカードだけになりつつある。しかし時にはクレカを持たなければならないとか、免許証を持たなければならない場面がゼロではない。

最近では、アブラサスの小型財布とかミニマリスト監修の財布なんかも売っているのだけど、結構なプライスで買う気にならない。革製なのでかさばるし、重さもある。スマホと一体化するタイプのものもあるし、カードだけならスマホのカバーに挿しておくのもありだろう。しかしスマホとプラスティックをひとまとめにしておくと、紛失した時に何もかも失うことになるし、カードを挿せるタイプのカバーは厚みがあって操作がしにくい。

そんなこんなで、いまのところ俺がベストだと思う手ぶらの財布は、モンベルのトレールワレットである。

f:id:Mushiro_Hayashi:20190210212207j:image

モンベル | オンラインショップ | トレールワレット

カードサイズで小さい。3つ折りになっていて、コインも紙幣もきっちりしまえる。素材がナイロンなので軽い。これひとつで過不足もない。オールマイティだと思う。¥1800(税別)とリーズナブル。

俺は原則としてコインも紙幣も持たないので、基本普段はこの財布すら持ち歩かず、出張や旅行の時だけ使っている。旅先ではレシートやプラスティックものが必要なので、逆に財布がないと不便だからだ。

Suicaやnanacoのような前払い電子マネーを極力使うことなく、支払いをリアルタイム化したい。Suicaはチャージの引き落とし先をデビッドにできるので、前払いを後払いするというクソな状況は脱して、前払いを即時決済するに変えることはできる。

俺がSuicaを使うのは本当にSuicaでしか払えない最後の最後の手段なので、普段は51円くらいしか入ってない。