kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

敬老も敬若もしない

【要点】

  • Appleの小売最高責任者のアンジェラ・アーレンツさんがApple辞めるってさ。
  • 「新しい個人的および職業的な目標を追求する」ためとのこと。
  • この世には、挑戦をする人間と、惰性で忖度や同調に汲々と生きる人間の二種類がいるだけ。

かっこいい。こんな風に颯爽とEXITできるなんて、アメリカはやっぱりすごいよなあ。異常なほど同質集団(全員男性、最年少でも62歳、全員転職経験なし)である日本経団連と真逆で笑える。

彼女はいまのAppleで一番高い給料を取ってる人だ。もともとはBurberryを建て直した人で、「デモクラティック・ラグジュアリー」というコンセプトを掲げて、Burberryブランドをいちはやくデジタルシフトさせ、中国などの新興国でバカ売れさせた。雑誌などマス広告の予算を大胆にネットにシフトした最初のブランドで、世界的な雑誌衰退の遠因となった。

「Apple Store 銀座」と呼んでいた店舗の「ストア」をとってしまい、「Apple 銀座」にした。オンラインもオフラインも変わらずAppleだとした訳で、こんな大胆な施策は日本企業には出来ない。AppleはIT企業でありながらその実はラグジュアリー・ブランド企業な訳で、安くつくって高く売る究極の高利益商売だ。俺はそろそろAppleは飽きてきたし、コスパもぜんぜん良くないし、使い勝手も大して良くないなあと思うので、次の買い替えはHuaweiに変えてしまうかもしれない。音声入力もAndroidの方が便利だし。

最近よくYouTuberがだらだら生放送で質問に答えるコンテンツを見ているんだけど、見ている側からYouTuberへの質問がクソ。「どんな業界に就職すれば、AIに仕事を奪われることなく楽に稼げますか?」とか、「将来大手SIerに就職したいのですが、どんな資格やプログラム言語を身につけておけばいいですか?」といった質問が投げかけられるんだけど、若い奴らもかなりの思考停止が多い。彼らはあんまり本も読んでないし、何か新しいことをはじめている印象もない。

俺には基本的に敬老思想がまったくないのだけど、だからといって逆に、若いことを敬ったり無条件に肯定したりする気もさらさらない。

老いている者にも若い者にも、利口もバカもいる訳で、つまり人間の優劣と年齢は全く関係ない。コンビニで未だにちんたら現金払いしている若者もいるし、人気就職ランキングを見ると未だに旅行代理店とか航空会社が上位にあって、本当に気絶しそうになる。

アンジェラ・アーレンツみたいに「新しい個人的および職業的な目標を追求する」ために、地位や報酬を棄てて新しい挑戦をする人間と、惰性のなかで動物としての若さを失ったまんま忖度や同調に汲々と生きている人間の二種類がいるだけで、年齢はまったく関係ない。

要するに俺は長幼の序という儒教スタンダードを完全スルーしているだけなわけで、スーバーフラットな社会にどんどんなるべきと考えている。敬語なんかももう要らない。丁寧語があれば十分だ。