kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

予定不調和の時代に

【要点】

  • 工業化時代なら丸くおさまったはずのことが、思いもよらない要因で横槍が入りうまく行かなくなり、頓挫する。
  • あらゆる階層で組織ぐるみの「陳腐な悪」が蔓延しており、いよいよその悪が隠しきれなくなりつつある。
  • オウムも日本国もファシズムという点で同類。

こうなると「純烈」という名前が陳腐だと思えてしまう。

「苦労人が紅白に出る」という昭和の工業化時代の国民的美談だけがハリボテのごとく再生産され、老人に向けたねつ造に限りないストーリーとして売り込まれる。これもハンナ・アーレントの言う「悪の陳腐さ」だろう。友井雄亮メンバーは元ジャニーズだけど、そのことには何故だかみんなおし黙る。

【純烈の友井雄亮が引退発表】元ジャニーズ報道でジャニーズへの「とばっちり」を警戒|ニフティニュース

工業化時代には文句なく予定通り調和したものが、次から次へと不調和を来たし破綻していて、やたら胸のすく思い。超絶メシウマである。工業化時代なら丸くおさまったはずのことが、思いもよらない要因で横槍が入りうまく行かなくなり、頓挫する。

例えば、日産のガバナンスをフランスから取り返そうとして、グローバル経営の常識を無視してカルロス・ゴーン追放の絵を描けば、その稚拙でエゴイスティックな思惑故に行き詰まり、回り回って2020の東京オリンピックが取引の材料になってしまう。

ルノーがフランスの官僚制度と密接に結びついていることや、近代オリンピックとは要するにフランスのプロパティなのだという、根本的なインテリジェンスが足りないのではないか。サイロの内部都合だけで独り善がりな絵を描いて、もはや国力も政治力もないのにロビイングごっこをして自滅するパタン。

United Nationsを「国際連合」と恣意的に訳して人々を誤魔化し、敗戦後の日本は世界コスモポリタンの一員だと偽装しても、UNは「連合国」が事実であり、それは要するに第二次世界大戦の勝者による世界統治のスキームである。フランスは当然のことながら戦勝国のひとつであり、日独伊のファシズムに勝利した正義の国なのである。

連合国盟主フランスに対して、大した戦略もなく、日産をフランスから取り返そうとか、オリンピック問題と日産問題は別物だとか、内向きで独善的な思い込みだけでしょぼい謀略を企てていて、間抜けである。

いま問題になっている東京五輪招致をめぐる贈収賄は成り行きもまだわからないのでさておき、俺が思うのはこの国はパラリンピックをやる資格などないということ。

行政が本来雇用しなければならない障がい者を実は雇用せず、国家ぐるみで雇用の機会を奪っていた。これは要するに日本にはまだ根強く優性思想が残っているのだということ。ファシズムは温存されており、この国でパラリンピックを開催することそのものが笑止千万。

あらゆる階層で組織ぐるみの「陳腐な悪」が蔓延しており、いよいよその悪が隠しきれなくなりつつある。朱子学カルトというカリスマのいないファシズム。オウムも日本国もファシズムという点で同類。行財政官全部嘘で塗り固められており、白蟻に食い尽くされたぼろぼろ館のような状況になっている。

冷戦期の工業化時代には予定調和で済んだあらゆることが、SNSのタレコミや人間の野獣性強化によって予定不調和に転じつつある。メシウマ。

全体主義的な空間では、言葉は、ものの見方を多元化するためではなく、均一化するための媒体になります。仲正昌樹