kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

とことん暇で孤独でつましくあること

【要点】

  • もう私達は、飢え死にしてしまう中世に生きているのではないのだから、立身出世なんていう幻想は要らないのだという前提に立てないと、朱子学カルトから抜け出せない。
  • 朱子学カルト社会から抜け出すために成すべきことは簡単で、要は「3フリ」の逆をすればよい。
  • とことん暇、孤独、つましくあることである。

生真面目な朱子学カルトほど「忙しいフリ」「重要な人物と懇意であるフリ」「金持ちのフリ」という「3フリ」をしたがる。

「忖度」も「映え」も「3フリ」を上手にするしょぼいスキルに過ぎない。

朱子学カルトにおける非生産的で無駄な時間は、飲み会や根回しやパワポの作り込みなどという「偉そうな人」(偉い人ではない)をひたすら「忖度」する為に消費されるし、自分をやたらと「映え」させるのも、いかに己が社会関係資本の中心に存在する多忙なかけがえのない存在であるか「捏造」する誤作動に過ぎない。

生真面目な朱子学カルトこそ、実は最も既得権層に「マージナライズ」されつつある「現代のネアンデルタール人」であるという不都合な真実に気づくべきである。

marginalize

to make a person or a group of people unimportant and powerless in an unfair way

(個人や集団を、不公正な方法で、取るに足らない無力な存在に貶めること)

「不公正な方法でマージナライズされる」とは例えばどういうことか? 

  1. 物質金品ではなく地位や身分(立身出世)を与える
  2. 立身出世のためにくたくたになるまで気力を奪い取る
  3. 消費によって同類の無意味な差別化を競わせる
  4. 空いた時間に酒やギャンブルを与えて、考えることをやめさせる
  5. 不仲にさせて同類どうしの削り合いや潰し合いに熱中させる

頑張れば頑張った分だけ青天井に給料が増える会社はない。つまり資本家は金ではなく地位や身分にすり替えてラットレースを頑張らせる。

立身出世というやつである。朱子学カルト社会は、個別勝手な成長が厳しく禁じられていたので、金品でリッチになるのではなく、お立場やご身分という勲章が報酬となった。でももう私達は、飢え死にしてしまう中世に生きているのではないのだから、立身出世なんていう幻想はもう要らないのだという前提に立てないと、朱子学カルトから抜け出せない。

立身出世とは「誰が」「誰に」与えるかと言えば、幕府や企業という男系の権力システムが、母系のイエシステムに与えるものである。だから日本の女は、歴史的に男の立身出世に貪欲である。男はいいメスを得るために、クタクタになるまでひたすら立身出世競争をすることになる。過労死とは、男系権力システムが振り出して、母系イエシステムが回収する立身出世というバーチャル・トークンtokenのために起きているのだ。こんな中世のトークンもう要らない。

立身出世で得たなけなしの金を、クルマや持ち家に使わせようとする。母系イエ・システムの過酷な差別化競争である。親どうしのライフスタイルを競い合わせるだけではなく、更にお受験という我が子の立身出世競争にも、いまだ多額のマネーを吸い上げられる。

空き時間もいっさい考えさせないように、これでもかと徹底的に思考停止にするために、大量投下される国民麻薬が、アルコールである。「酒は絆を強める」という虚偽が隅々まで行き渡り、シラフの暇な時間は、麻薬で濁る。

アルコールが過度に脳に入ると、人は単なるマシュコピーロ(野蛮人)となり、互いに恨み合う。酒が抜けても心に残るのは、野蛮人が酔ってやり取りした言動への怨念である。怨念は消えることなくシラフの人間をも支配する。朱子学カルトの同類が不仲になり潰し合いすれば得をするのは、男系の権力システム(徴税装置)である。

朱子学カルト社会から抜け出すために成すべきことは簡単で、要は「3フリ」の逆をすればよい。とことん暇、孤独、つましくあることである。暇、孤独、つましさを邪魔するアルコールを一滴も飲まないことに尽きる。