kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

重要なメタ質問

人類史のなかでこれまでにないくらい不公平なこの世界で、エリートになれない俺はどのように生きていけばよいか?

極一部の支配層とそれ以外の関係は、現在の人間と家畜との関係にどんどん近づいていく。無用者階級としてどのように生きていけばよいか?

これこそが俺の考えるべき「メタ質問」だと思う。

「メタ質問」とは、毎日の無数の小さな「なぜ」の上位にある大きな疑問である。

現代のネアンデルタール人である俺は、GAFAを頂点とする狂暴な強者と棲み分けながら、どうすれば生きていけるのだろうか。

①工業化社会の常識を捨て去る

もはや孤立しても殺されたり餓死したりしないから、朱子学カルトの空気をいっさい読まない。働くことに意味を見つけない。自己実現そのものが消費させるための洗脳である。仕事での自己実現もなければ、仕事以外での自己実現もない。自己実現という目標そのものが幻想であり、本来は要らないのである。

仕事に心を込めず、同僚にも部下にも目をかけず、組織にはとことん腹で背く。

面従のない腹背がなんにしてもデフォである。

人間の自己申告は殆どが嘘。上からの訓示や下からのアピールはポジショントークなので1文字も頭に入れない。その為にICレコーダーで全録しているのである。耳と脳の替りにICレコーダーが働いてくれる、だからいっさい聴かない。

②金は人間関係を切る為に使う

絆も仲間も、金をかすめとる装置である。固定費をおさえる。贅沢をしない。鰻とかキャビアのように希少な食べ物をありがたがらない。鰻より卵かけご飯の方がうまい。キャビアより赤いきつねの方がうまい。会食に金と時間を使わない。出来るだけそれ以後の会食を避けたいので、その会食の費用を問答無用でこちらが全額支払う。そうすると向こうは軽々にこちらを誘えなくなる。

知り合いにめんどくさいことを頼むのではなく、市場にアウトソーシングする。貸し借りをしないことを常に心掛ける。

③酒を求める社会を間遠にする

飲酒が原因、年間300万人死亡 飲酒量の伸びアジアで顕著 WHO 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

WHOでこの手の傾向率の統計情報が出ると厚労省がわらわらと出てきて、規制に乗り出すのがお約束なので、アルコールはこれから様々な規制がかけられていく流れは避けられない。

ヨーロッパやアメリカに比べれば、日本のアルコール規制はほとんどザルどころか枠であり、1日も早い規制が必要である。私なりに規制の優先順位を上げるとすれば、第1に24時間いつでも買える状況への規制。第2に飲食店での飲み放題禁止、第3に青少年が目に触れることのできる商業メッセージの露出禁止である。

また、同時に必要なのはなんと言ってもよりアクティブなアルコールに対する正確な知識の啓蒙活動であって、その具体的な対象は子どもや若者である。

アルコールを飲まないことによって思考回路をいつでもクリアにしておいて、自分への質問とその回答時間を確保する。