kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

朱子学カルトの沼

無数の「ゆるキャラ」って、気の触れた人に見えている視聴覚というか世界観にかなり近いと思うのだけれど、こんなもので喚起できる観光需要などクソだと思う。

ゆるキャラグランプリ組織票用メアドの大量生成などの不正ジョブを裏で取り仕切っている地方公務員どもが本当に最悪で、特に若い地方公務員は「キャラもののデジタルだからお前やれ」と上から命じられて組織票の集票マシンとなっているはずで、俺は彼らのような人間を心底、軽蔑している。

無難に、怒られないように、食いっぱぐれのない公務員となり、更にしょうもない不正業務で汲々としながら、ロボットのようにこなしているんだろう。

彼らには老老介護現場とか、技能研修制度で来日して失踪した外国人捜索とか、もっとえぐい仕事をやらせるべきだと思うのだが、どうなのだろう。

内閣府特命担当大臣(地方創生担当)そのものが、クレイジーなゆるキャラのひとつに見えてしまうこの国では、何もかも民度が低く底なしに虚しい。朱子学カルトの沼。

ゆるキャラグランプリなどという完全なる時間の浪費コンテンツは、いい加減に開催即刻取りやめとすべきである。

浪費をしない骨法は、時間という最も希少価値の高い資源を有効活用することで、自ずと金の浪費はしなくなる。

最近言われる「沼消費」とは、要するにソシャゲ課金で見境なく散財してしまうとか、アイドル推しに惜しげもなく金をつぎ込んでしまうといったタガの外れた金の使い方を指す言葉。

アルコールとかギャンブルといった古典的な依存と課金沼は何にも変わらない。

俺からすると、ソシャゲなんぞに投下する時間が惜しいので、課金沼にはまりようがないし、二次元だろうと三次元だろうとアイドルに金を溶かすというのも、金の前に時間が勿体無いという気持ちが先んじてしまう。

アイドルであろうとキャバ嬢であろうと港区女子であろうと、結局のところ課金沼でしかなく、こんなものに時間も金もを貪り取られるなら、家で眠っていた方が百万倍マシ。

金より時間価値を優先するので、会食は極力参加しないし、接待やゴルフもなし。バブル世代を見ていてさもしいなと思うのは、出張とか接待だとか、会社の金を使うことを役得と考えている奴が多いのだけど、俺にしてみれば、どんなに美味いものを食べても、どんなに美人のママのいる銀座のクラブに出かけても、確実に時間を浪費することになる。

最悪なのは海外出張で、しょうもない商用のために何日間もの時間がまるまる仕事に拘束されてしまう。こんなもの苦行でしかなく、まったくもって、役得でもなんでもない。仕事でたまったマイレージなどは、Edyとかnanacoに換金してしまう。

nanacoに替えてしまえば、公共料金を支払ったり、メルカリで本を売るときに切手やスマートレターをnanacoで買うことができる。不労所得はせいぜいそんな使い道しかない。時間を浪費するのは役得でもなんでもない。