kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

周回遅れ

2020オリパラ大臣がなんでサイバーセキュリティ担当を兼務するのかよく分からないけど、桜田大臣が答弁でPCを使わないと言ったことから国内外でどよめきが広がってる。

「桜田五輪相はシステムエラー」海外メディアが皮肉次々:朝日新聞デジタル

つい先日も、経団連会長が経団連史上初めて執務にPCを使い始めたと報じられていたので、政財官学の偉いセグメントは、仕事にPCを使わないのがデフォなのかもしれない。

日本のオフィスにPCが入ったのは、だいたい1995年前後で、桜田大臣は95年には46歳だから、まあ仕方ないかもなとは思う。当時はもう建設業から身を起こして96年には国会議員になっていたのだし、現在46歳でスマホを使いこなしていないおっさんも大量に存在する。

そもそもサイバーセキュリティ担当大臣と言っても、ギークやハッカーである必要は無いわけで、求められるのは課題解決の力である。

ホリエモンなどは、最近はもうiPhoneで殆ど仕事出来るからあんまりPC使わないと言っているし、勝間和代も文書作成の大方はAndroid+SimejiとなりPCはサブで使うだけだとブログに書いている。

つまり桜田大臣は、PCを使わないという意味でまるまる周回遅れと言える。スマホシフトが進んだいまでは、複雑な数学計算や大量のテキスト処理、音楽や動画や画像の処理をしないのであればもはやPCは要らない。iPhone Xの処理能力は本当にすごくて、処理速度においては完全にPCを持ち歩いているのと変わらない。

更に言えば、経団連会長がようやっと使い始めたメールという手段も、先進的な人ほどもう使わなくなっていて、経団連会長も周回遅れと言えるだろう。

サラリーマンのはたらきかた改革とやらも、殆ど上辺だけの改革ごっこばかりで、未だにPCの前にいないと仕事しているとカウントされないし、LINEを仕事に使うのを禁止しているところも多い。

俺なぞは、オフィスのペーパーレス化を5年前に完了しているし、3年前にはもう自分の机には私物を一切置かない「勝手にフリーアドレス」状態に完全移行。ほとんどのデータはクラウドに上げてある。複雑な編集や加工以外の仕事のほとんどをiPhoneでやっているし、メールはフイルタリングで重要なもの以外は全く読まない。もちろん電話もファックスも殆ど使わない。

マルチタスキングや非同期化を考えると、もはやPCやメールは使わない方が効率が良くなる。むしろ巨大なリュックにPCを入れている奴らの方が桜田大臣よりもムダを切り捨てられない人に思える。

音声入力の精度もかなり良くなってきたので、キーボードすらなくてもいいものになりつつある。

更に言えば、酒を飲まないライフスタイルも先行層では当たり前になりつつある。アルコールに依存していること自体古臭いし、アルコールをやめることが難しいという思い込みも古臭い。毒に依存しているJALやANAのパイロットなぞ、高機能アルコール依存症なのでパイロット免許を取り上げるべきである。