kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

社会変化を味方につける

時々巷のお店に行くと、そこに並んでいる現物ではなく、その店の通販で買いたくなる時がある。寝ぼけた客が商品を派手に床に落としてぶちまけたり、手で口を覆うことなくくしゃみをしていたり、老人が鼻くそをほじった手で商品をべたべた触ってたりするのをよく目撃するから。

まぁ実際、もう本やユニクロは殆ど通販で買う。リアルなお店で買うメリットはゼロどころかマイナスである。新品とは倉庫にあるものを指すべきで、一度店に並べたものはもはや新品とは言えない。

社会変化によって色んな性善説が覆されて、人間の性悪を予見して回避したり、棲み分けたりしながら、「穢れ」から距離を取ることができるようになった。次の三つの社会変化をとことん味方につけて、脱社会人としてのうのうと生きていきたい。

  • テクノロジーを味方につける

最近採用して最高だったのが、ICレコーダーによるライフログ。全部録音してあると、相手の話をほとんどスルーできる。聞き流しておいても後から動かぬ言質を押さえられるので超便利。人の話を実は一切聞かないで生きるのがこんなに気持ちいいとは思わなかった。

それからマルチタスクを可能にするテクノロジーをどんどん使う。家電なら洗濯機やルンバ、ヘルシオホットクックなどの、家事を非同期化するテクノロジーだし、移動にうまく都バスを使うのも非同期化テクノロジー、本当はライドシェアをはやく開放してほしい。

仕事のメインは完全にスマホ。価値ある箇条書きのロジックを組み立てるのならもうiPhone Xで十分だ。PCは編集やDTPに使うのがほとんどなので、家と会社にあれば十分。

アウトプットは音声入力メインに。思考を言葉にすることと文字にすることがいっぺんにできる。頭の中でちゃんと文章を完結させて、それを読み上げるつもりでアウトプットする。

WorkflowyはGoogleドキュメントと同じくらいクラウドの同期が速いので、すごい便利。

  • ポリコレを味方につける

怒られたくない、目をつけられたくない奴らは、ハラスメントや不正は勿論、グレーゾーンまで手控えていて、自重作用が過剰に働いて来てかなりいい感じ。しょうもない相互監視や同調圧力も、働き方改革とやらでどんどん無効化して来ている。ここまでポリコレ抑止が効くのなら、超絶ホワイトアウトなので、こちらから会社員やめる理由なぞない。マルチタスキングやリモートワークで、幾らでも生産にレバレッジをかけられる。なんといっても呑みュニケーションを完全スルーできるようになったのはデカい。

  • 集合知を味方につける

Amazonの○○を買った人はこれを買っています的なリコメンド・エンジンや、気に入ったYouTubeコンテンツに関連する他のコンテンツに簡単にアクセスできたり、AIがどんどん生活に応用されつつある。これはつまり供給者だけに都合の良いプロパガンダを一切信用しないで生きられるということである。広告や検索の要らない世界である。