kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

朱子学カルトと移民

外国人労働者をどう受け止めたらよいのか?(岸本周平)

ジャーナリストをわざわざ「フリー・ジャーナリスト」と線引きして呼ぶ、もはや「官報」と化した日本の「記者クラブ発ニュース」を観てると、単純労働の外国人材を解禁すれば、外国人労働者がわんさか日本にやってくる前提になっているけれど、それはちゃんちゃらおかしな認識だと思う。ケント・ギルバート本の読みすぎではないか。

日本は技能実習制度において、人身売買の一因となる借金による束縛、移動の制限、賃金や残業代の未払い、詐欺、研修生を他の雇用主の下で働かせるなどの悪用事例で国際的な批判を浴びているし、実際にこういった「現代の奴隷制度」と言うべき過酷な就労実害を受けて自国へ帰った外国人は、「とにかく日本へは働きに行ってはならない」と現地で批判的な口コミをガンガン広めている。当然の帰結である。

こうした悪事を棚上げして、いまさら外国人単純労働者を受け入れても、もはや日本には労働市場として競争力がなく、良い人材は集まらない。日本人は外国人労働者にも、①明るく元気で、②空気を読むことを強制し、③一方的に謙虚を強いるわけで、こんなトンデモ朱子学カルト日本に、わざわざ来たい外国人労働者はいないのである。

人手が足りないと騒いでいるのは主に経団連だけど、そもそも未だに人手に依存するサプライチェーンやバリューチェーンで仕事をしている時点で終わっているし、彼らの人手が足りなくなったのは、元をたどれば正規雇用を削りまくって、非正規雇用依存を進めたから。

官僚は経団連に強く、経団連は政治家に強く、政治家は官僚に強い、このじゃんけんのような構造の中で、外国人労働者をじゃんじゃん受け入れる法案が経団連→政治屋主導で進んでいるのだが、そもそも人間としての良心とか市場原理を無視しているので、うまくいかない。

さらに言えばこの施策によって一番割りを食うのは、日本人の中間層である。彼らは母国内においてすら外国人労働者と賃金の安さで競わなければならず、ただでさえ叩かれている低賃金が更に安くなる恐れがある。賃金が下がらなくても待遇が悪化する恐れがある。米国で起きた移民による白人低所得者の没落と同じことが起きようとしている。

インバウンド需要でいまは外国人観光客が多く日本に来ているけれど、日本に魅力があるというよりは、円安とデフレで物価がめちゃくちゃ安いので、彼らはやってくるのである。中国都市部よりも日本の物価は安い。ドンキに行けば外国人ばかり。買い物天国なのである。

日本の朱子学カルトを変えられる可能性があるのは、若者、ばか者、余所者だけだけれど、若者もばか者も経団連から既に殆ど排除されており、専門職として日本に来た多くの外国人という余所者も多くが溶け込めずに残っていない。

今回の外国人単純労働受け入れは、日本の失われた30年の結果であり、誰も幸せにならない愚策と言うしかない。