kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

ノンアル人生の月日は百代の過客

私の土日はとにかく暇。まあ平日も暇だけれど土日は誰とも会わずどこへも行かず、殆どひきこもり。Amazonプライムのドラマを観たり散歩をしたり、読みたい本を貪り読む。金を殆ど使わない。

図書館へ行くのも本を返して借りるだけ。サウナやプールも人が多いので平日しか行かない。酒を飲まなくなってから、土日がとても充実している。人間は快適な気持ちになると、時間が経つのがはやく感じる。身軽(余計なものを持たない)、気軽(人間関係を簡潔にする)、胃軽(アルコール、過剰な糖質と脂質を摂らない)の「3軽」で生きてると、文字通り月日は百代の過客なのだ。しかし暇である。

身体の快適さと時間経過感覚の速さは比例すると思う。酒を飲んでいた頃はいま思えば毎日が苦痛で、なかなか一年が経たなかった。未来を見据えることが出来なくて、過ちに引き摺られ傾いたまま生きるのは物凄く難儀なので、時間も粘着する。

例えば、サウナにいると時間の経過はとても速い。美味しいものを食べている時もあっという間。眠っている時間も速い。モノを創っている時間も速い。快い、楽しい気持ちになると時間は粘着の反対、つまりさらさらする。

脳、腸、肌の調子が快適になると、光陰矢の如し。この調子で行くとあっという間に定年退職、リタイアの年になるだろう。健康という快に身を任せ、いまを生きる。将来確実に不要なものはいますぐ棄ててしまう。

週休二日制や8時間労働、定時出社などは近い将来確実に不要になる。電話やファックスも、下手をすると電子メールも不要になるかもしれない。郵便がもう仕事に不要であるように。経団連が2020年くらいから新卒一括採用をやめたい本音は、年功序列と終身雇用を完全に棄てることの表明である。

まあ実際に、会社の共同体性はこの5年で完全に壊れている。端的には社員家族の葬儀が会社組織とほぼ完全に切り離された。昔なら例えば社員の両親が亡くなれば、会社同僚が葬儀儀礼を取り仕切るのが「常識」だった。今では「謹んで辞退」がデフォルトである。

私などは最近の会社共同体のなし崩し的な解体が快くてたまらない。会社共同体の同調圧力隔壁が完全にぶっ壊れていて超メシウマである。

具体的には、会社の飲み会に行かなくてもOKだし、年功序列も常識ではなくなった。同僚に年賀状も書かなくてOKだし、接待も休日のゴルフもはっきり断れる。

古臭い神話に従わなくても良い時代、自分の内なる快・不快に忠実に生きられる時代である。あと10年早く生まれていたらきっと理不尽なリストラもされていただろうけど、軍国企業も個人にヘタな圧力をかけられない時代になった。

こうなってくると、軍国企業のしょうもない管理職とか、名ばかりのチームワークとか、儀礼的な飲み会とか、ゴマすりとか忖度とか心底かったるい。もはや軍国企業で偉くなってもほぼ尊敬されない。偉くなっても、もう軍国企業は利益が出ない。