kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

ストックコンテンツの時代

Amazonプライムのオリジナル・コンテンツが急速に充実してきてて戦慄。日本オリジナル・コンテンツもグローバル・コンテンツも充実しまくり。Amazonのドル箱は、AWSとプライムだから、プライムへの力の入れようは半端ない。コンテンツで圧倒して、ある日サブスク料金が値上げされる。まぁでも仮に値上げされたとしても、朝日新聞の月4000円とか、NHKの月2000円とかと比べれば全然安いわけで、どう考えても朝日新聞やNHKの潜在的な競合(時間という資源を争う相手)はAmazonプライムである。

もはやマスではない亡霊の中間層に向けた、荒唐無稽で寝ぼけた内容の地上波連ドラなぞ、AmazonプライムやNetflixのオリジナル・コンテンツに比べればすでにかなり見劣りする。制作費が圧倒的に違うのではないか。放送ってそもそもフローのコンテンツだから、本来のストック型のコンテンツであるドラマが出てくるとぜんぜんかなわない。起承転結が完パケされた単行本の小説と、新聞の連載小説みたいな魅力の差がある。テレビなどもはや事勿れ主義で貫かれた巨大なまとめサイトでしかない。

AmazonプライムやNetflixのやっていることは至極真っ当で、超合理のマーケティングであって、これはなるべくしてなりつつある趨勢である。AmazonプライムやNetflixに比べてNHKとそのおまけで観られる民放に支払う「受信料」は本当に割高だし、なんてったってとにかく事勿れ主義の軍国サラリーマンが垂れ流すコンテンツはマーケティングの原理に相反しているものばかりで丸で面白くない。

NHKを辞めて鳴り物入りで「ニュースキャスター」になった「ヤング・エグゼクティブ世代」の女性とか、なんの取り柄もなくてお気の毒。NHK電波という軍国リソースでノーリスクで得た絶大な知名度を、私腹マネタイズする心根が浅ましくさもしいので、私は死んでも観ない。

NHKにせよ民放にせよ、もはや存在しない中間層向けの寝ぼけた地上波番組コンテンツを観ていると、物凄く色濃く背後に存在を感じるのが、バブル世代の「プロデューサー」というバカ殿様とその茶坊主たちである。

バブルの成功体験を知る最後の世代である「ヤング・エグゼクティブ世代」が今テレビ局の管理職になっている。マスの中間層にトレンディな風を吹かせることが彼らの喜びなので、その線でつくり続ける番組は自己満足に過ぎない。ターゲットが間違っているので、テレビ前の年金老後世代からは華麗にスルーされる。

NHKと日テレとテレ東は視聴者ターゲットがほとんどシニアであることを、かなり割り切っているけれど、その他のチャンネル・ステーションは、本当はもういない中間層に向けて自分のステーションを無理くり上げ底に見せようとする痛さがある。

ラジオがradikoアプリになってしまったように、テレビも早晩、スマホのアプリになる。この動きには逆らえない訳で、やるべきはAmazonプライムや、Netflixのストック型のコンテンツに対する競争力を早く持つことだと思う。

まぁでも彼らは資金力が徐々にショートしてきているので、体力勝負になると現実は厳しいのだろう。私などはすでにストック型コンテンツを手ぶらモバイルで楽しむライフスタイルに完全シフトしてしまった。