kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

軍国システムの機能不全

現品はメルカリで売り払い、Evernoteに写メした『ホモ・デウス』をちんたら読んでいるのだけど、あ、そうかと思ったのは、人類がこの数十年であまり戦争をしなくなってきた理由は、人類がなにも「鳩」化したのではなくて、テクノロジーを使って、戦争以外の手段で富を蓄積する方が余程儲かることに気づいたからなんだよね。人どうしを互いに憎み合わせ、殺し合わせるよりも、家畜のように快楽を貪らせるべくコントロールした方が、リスクも減るし利益も得られる。火薬よりアルコールの方が遥かに儲かる。北朝鮮は戦争よりもシャブで儲けているから、もはや戦争は割に合わない。GAFAはデジタル信号で人間の動物的快楽を高めて、ぼろ儲け。戦争よりよっぽどスマートなんである。

戦争は割に合わないのだけれど、抑止力という武器のテクノロジーはビジネスになる。日本は貿易摩擦で妥協してもらう代わりに米国からしこたま武器を買わされているのだけれど、実際の戦争と武器は自動車産業と保険産業の如く、もはや異なる産業になりつつある。

沖縄も、この数年でインバウンド需要が膨れ上がり、もはや基地に依存することなく、観光地として生きていけるわけで、そうなれば軍国政党の自民党なぞ、クソの役にも立たない。日本の冷戦期においしい思いをしたあらゆる軍国主義の政官財学マスゴミが、ことごとく力を失っているのは、それらが全て戦争の為に最適化されたシステムで、もはや何の役にも立たないから。沖縄は軍国国民国家の要衝から観光の要衝に変わることで、中国ともうまくやりながら成長していくだろう。

あらゆる軍国システムが急速に無効化していく。消費者に効率的に動物的快楽を与える勢力が、力を持つ。日本の場合、教育は命令を聞いて最後は特攻隊員として死んでいく人間を生産するために最適化されたシステムであり、産業は、戦争で負けた欧米に経済戦争で勝つ為に最適化されたシステムである。学生や従業員の幸福よりも、全体の利益が優先されるのは、結句、戦争という目的に従う手段だからである。

元モーニング娘の吉澤ひとみが仮釈放された時にテレビに映し出された彼女の服装は、何かに似ていると思ったら、つまりあれはリクルートスーツなのである。

要はリクルートスーツというのは誰かに怒られる時に着る服なのである。服従を服装で表現しているのだ。リクルートスーツを着用して面談を受けるということは、企業が怒る側の立場であり、面接を受ける学生は怒られる側の被支配側の身分である関係をサブリミナルに規定していることになる。日本の就職活動システムは軍国主義の志願兵選考プロセスなのである。

日産やスバルのように史実としての軍国企業は市場でのインテグリティよりも内部不正が何遍でもまかり通る軍国システムによって動いているのである。ソニーやホンダが戦後なんで奇跡的に成功したかと言えば、GHQがエンジニアリングの解体を進めようとしたので、敗戦後には一瞬だけ軍人がエンジニアリングの領域に不在だったからである。その後逆コースを辿ることで、日本はまた軍国主義国家に復旧してしまった。

1940年体制の軍国主義システムの市場を通じた解体がこれからの5年で起きるだろう。就活する学生は受験する会社が軍国企業かどうか、会社の歴史や沿革をよく調べあげてほしい。