kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

「小並感」どころか「ぺ並感」へ

そもそも他人と仲良くやる必要なんてない。

嫌いな人ともうまくやって、チームワークを大切にするとか、一致団結して、大きなことを成し遂げるとか、そんなもん全て、この500年の欧米がでっち上げた、総力戦のための総動員イデオロギーでしかない。このクソなイデオロギーのせいで、世界ではどれだけ多くの人間が死んだことだろう。日本はこのイデオロギーを朱子学とアウフヘーベンして、朱子学カルトの新境地を開き、第二次世界大戦では日本人300万人同胞と、主にアジア太平洋地帯で一説では3000万人をぶっ殺したと言われる。

他人と仲良くしようというイデオロギーは、仲良くできない敵を創り出す。仲良くできない奴の言葉を力尽くで書き換えるのが、戦争である。

だから、他人とうまくやろうとすることをやめれば、多くの対人関係の問題はなくなる。気に食わない人間の視界からこちらが消えていなくなればそれで良い。

実害さえなければ、なべてスルーでOK。友敵を明らかにして相手の信条を書き換えようとすること自体が、欧米由来の好戦的思想の奴隷なのだ。

「小並感」というネット用語は「小学生並みの感想」という意味らしい。好きではない人間からはとことん逃げることが大切だが、逃げられない場合は、「小並感」どころではなく、「ぺ並感」(ペッパーくん並の感想)で応じるスキルが有効だ。

小学生などは、もう既に欧米+朱子学カルトの好戦思想に染め上がっている。友敵プロパガンダはめちゃくちゃわかりやすいから、8歳くらいの「小並感」では既に敵愾の棘がある。

ペッパーくんぐらい人間離れした差し障りのないことだけで、嫌いな人間と向き合う、これに尽きる。

実は、他人とは親交も熟議も連帯も要らない。

繰り返しになるがそんなイデオロギーはせいぜい人間の歴史で数百年の幻に過ぎない。

自分がいっぱしのペッパーくんになったつもりで、つまらぬ相手には「ぺ並感」のつまらぬ定型句だけ返して、のうのうと生きていけばいい。

つまらない、しょぼい一回生こそ楽しいのだ。逃げろ、投げろ。