kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

第二の敗戦

東京医大入試が女子受験生が不利になるように一律に係数がかけられていたニュースに驚いたのだけれど、その後わらわらと出てきた「こんなの他医大でもあるある」「新聞屋だって一般企業だって、女性比率制御している」といった声に、二度驚いた。政財官学、金太郎飴の如くインテグリティやフェアネスがゼロなのである。朱子学カルト炸裂。

平成の30年間が丸々、冷戦期既得権の温存に費やされてしまい、社会の調和や進歩が実現しなかった。つまり頽廃した。人頭において多勢の高齢層どもが権力や既得権に醜く執着して、変化の新しい芽を摘みとってしまった。

これから世界経済が収縮すると、「アベノミクス」で糊塗していた矛盾が吹き出すのではないか。「メガバンク」の外債含み損がやばいことになってきている。そろそろ私も銀行から預金を完全に引いた方が良いかもしれない。

来るべきリセッションで割りを食うのは、不安定な雇用を強いられた団塊ジュニアを中心とする世代であり、世代を越えた弱者である。

テレビでは、医者や警官が清廉な正義の味方として描かれているけれど、どちらも現実は、男尊女卑や年功序列が跋扈する昭和の腐敗システムである。私などから見れば、医者にせよ警官にせよ、国民のアルコールを適切に法規制すれば、彼らの仕事はここまで多忙を極めないはずである。徴税や金儲けや出世が最優先され、国民の治安や厚生に膨大な無駄と労力がかかる。

そろそろ社会全体を覆う不合理に真剣に向き合わないと、大変なことになるのではないかと思うが、もはやとっくにミッドウェイ海戦も硫黄島も東京空爆も沖縄戦も過ぎている。

日本の「第二の敗戦」はいまいちょうど、1945年8月3日くらいなのではないか。あと数日で原爆投下である。