kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

組織でも無敵でもなく分散

1995年(平成7年)の地下鉄サリン事件は要するにグルへの忖度が引き起こしたことであって、日本の典型的な組織犯罪だった。

つまりオウム事件とは、エクストリームな朱子学カルトの犯罪であった。大日本帝国の大本営や311の原発事故、東芝の不正会計、日産やスバルの度重なる不適格検査、日大危険タックル、財務省の公文書改ざん、などなど、どれもこれも「グルイズム」という点で、ほとんど同類の組織犯罪と言える。

組織犯罪の典型的なものと言えば、いじめである。朱子学カルトとはいじめの構造そのものであって、組織の求心力は、異端を排除する遠心力によって作り出される。組織犯罪とは構成員が意識的にせよ無意識にせよ「いじめられない」為に引き起こされる。

そう考えると、朱子学カルトをなくす為には、日本からあらゆるいじめを根絶することが唯一の道ではないかと思う。日本の学校システムは、いじめそのものなので、いじめをなくすことは絶対にできない。

朱子学カルトといういじめのシステムから排除された人間が、いわゆる「無敵の人」である。「無敵の人」は己を排除した組織に強い恨みがあるから、爆発するとローンウルフ型のヤケクソな犯罪を引き起こす。これは別に新しい現象でもなく、「アモク」と呼ばれる。

アモク・シンドローム | 心を読んでユーリカ(EUREKA)する・・・脳と心の自分分析広めています ・・・・・・・・・・by Office EUREKA (カウンセリングオフィス)

組織犯罪と無敵のテロはつまり同じ母の仲の悪い双子という関係なのである。

組織犯罪と無敵の人によるテロをなくす為には、繰り返しになるが、いじめをなくす以外にない。いじめをなくす唯一の道は、「強いつながり」の価値を下げていくことなのである。家族や学級、部活や会社などの「強いつながり」を重んじない新しい生き方を見つけ出すことである。私はそのエクストリームな生き方を創り出したい。

「弱いつながり」メインで生きていくことをひとつの生き方として、社会が認めていくことである。家族も学級も部活も会社も、つまりはもう要らない。

市場システムや匿名の交流、死者との書籍を通じた対話といった「弱いつながり」の価値をもっと高めていく。社会関係資本の新しい価値付けが必要だ。