kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

シンプリシティ礼讃

私はメルカリは専ら売る専門で、買うのは美術展のチケットくらい。要するに、捨てるのもなんだから売るだけなのである。他方ヤフオクって、オークションで売る為には毎月498円の固定費がかかるので使わない。(フリマの方はメルカリと同じ。)オークションかフリマかの差異なんて、売り手には正直、どうでもいい。あと、メルカリは匿名で取引が出来るのもいい。「弱いつながり」とは匿名でOKな関係であり、日本におけるインターネットは、どんどん弱いつながりの利用でしか価値を感じなくなりつつある。

書籍は私淑している作家以外のものは手放したし、今では本は殆ど買わなくなった。新刊で買う本は、Amazonが届く前にメルカリで売りに出す。早く読んで発送しなければ、という圧力があった方が積読しなくてよくなる。

酒をやめてから、気づけば持ち物をどんどん減らしている。冷戦期の消費欲求もバブルが崩壊してからカネを手にしたのでよくわからないし、この7年くらいのツイッターなどSNSを通じた承認欲求にも殆ど価値を感じない。

「人間は他人と仲良くして協力しないと豊かになれない」という考え方自体が、西洋のこの数百年のローカルな常識でしかなく、人間関係は匿名でも構わないくらいの「弱いつながり」と必要最小限の「強いつながり」があれば、十分になんとかなるのである。

しかもその「強いつながり」だって、血縁や地縁でなくてもOKで、むしろ血縁や地縁や「社縁」のような人間関係は、逆に有害であったりする。

人であろうとものであろうと、余計なつながりを信念と勇気を持って断ち切っていく。その結果として得られるシンプリシティを大切にしたい。