kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

国破れてアル中あり

文科省役人の裏口入学というか、受託収賄。権限ど真ん中のあまりにもベタな、わかりやすい不正である。高級官僚にインテグリティまるでなし。政官財学、金太郎飴のように腐っている、明治維新から150年で、落ちるところまで落ちたなあという印象。

この国で、私利私欲まみれのみっともない政官財学とはなるだけ関わらずに生きていく、それこそがQOLに直結するのだと考える。

彼らの競争のパラダイムに乗っからないこと。その為にも大切なのは、飛躍だと感じられるかもしれないが、私にとっては、アルコールを飲まないことなのだ。酒を飲まないことで始めて、せっかく取り返した「きよきよしい」心身を維持することができている。

政官財学は、ぶっちゃけ、下々の人間がいつまでも愚かであってほしいのだ。元気に明るく上からの命令に従順であって欲しい。その為にもなんとしてでも、アルコールをガブガブ飲ませたいのである。

世界でも類を見ないほどアルコールに緩いニッポンは、自国がアルコールに厳しい外国人観光客にとっては、開けっぴろげにアルコールを飲みまくり、旅の恥はかき捨てとばかりに酔ってストレスを発散する「キメる観光地」として人気があるらしい。大麻ジャンキーが、オランダに大麻を吸いに行くのと同じ話である。

麻薬を生活に深く取り込んでしまうと、インテグリティなどどうでもよくなる。毎日、ご機嫌な麻薬にありつけることだけが生きる目的になる。

だから、ニッポンの腐敗を浄化する為にはひとりひとりが酒をやめるくらいの覚悟が必要で、政官財学を変えたいなら、みんなが酒をやめてみたらいい。まあ、絶対無理だけどね。