kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

生きているのは、暇潰し

梅雨入りしたのか。夕暮れの商店街でかつおの藁焼きと本鮪太巻きを買ってのうのうと家で食う。居酒屋に立ち寄らなくて良い自由。アルコールのまるでない幸せ。今年もまた畑のきゅうりがわらわらでき始めた。ぬか漬けもうまいなあ。人生でいまが一番幸せだなあ。

つまりはこの生活、「アーリーリタイア」の一種なんだなあ。酒を基礎に成り立つ不条理なシステムとしての、朱子学カルトからの卒業。

手ぶらで身軽な人生。お金より時間が大事。固定費をとことん忌み嫌う。金のかかる道楽が嫌い。ゴルフはクラブを握ったこと一度もなし。スキーも板履いたことなし。テニスもラケット振ったことなし。海外も国内も旅行が好きではない。クルマも手放した。本も所有をやめたので、図書館が自分の本棚。時間が余れば図書館で暇つぶしに読書やiPhone Xで映画を観る。図書館のデータベースで新聞の上澄み記事だけ拾い読み。無駄ばかりの強いつながりを極力廃して、貨幣経済などの弱いつながりから調達。

毎日ぐっすり寝て昼間は屁のように漂って、サウナ入って筋トレして、また寝る。筋トレもジムをやめて、囚人メソッドつまり自重トレーニングに切り替えた。

酒代の丸でかからない、金のかからない人生を手に入れたので、金には執着しなくて良くなった。金に執着しなければ、嫌いな奴と付き合わなくて済む。酒を飲まないから、強いつながりを酒で維持することも全然しない。

生きているのは、暇潰し。暇を楽しくつぶすところに生きている喜びがあるのだ。