kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

タバコなんて吸ってんじゃねえの日

毎年、この日は喫煙を徹底的にdisることにしている。

今日は「世界禁煙デー」。

最寄りの駅から自宅に歩いて帰る道で、二人も歩きタバコとすれ違った。大きく距離を取り、仕方なく、息を止めてすれ違う。タバコなんて外で吸ってんじゃねえ!タバコなんて、各自自宅のみで吸うべきなんである。

東京都が、従業員のいる施設の完全禁煙を目指していて、本当に期待している。

東京都の受動喫煙防止条例案を解説します!(鈴木邦和)

従業員という弱い立場の為に副流煙を吸わなくちゃならないのは、つまりパワハラ。しかも取り返しのつかない疾病につながるとなれば、大問題である。このロジック、結構強靭で素敵。

「タバコ吸いたくない奴は、客として来るな」というこれまでの既得権ロジックの上をいく弱者のロジック。まさに、屁理屈も理屈である。これだけの人手不足に「喫煙が嫌ならうちで働くな」と雇用者はもはや言えない、という計算。

これが通れば都内の飲食店の8割以上が禁煙になるらしい(笑)──本当、小池都政唯一の成果だから、ちゃんとやって欲しい。東京都が厳しい規制を始めてしまえば、追従する地方自治体も増えるだろう。ついに7割を占める非喫煙者の勝ちである。

喫煙や飲酒にあまあまの土人国家が、少しずつ変わっていく。少し前まで当たり前だったハラスメントや飲酒、喫煙が世界に歩調を合わせてどんどんポリコレ的NGになってて、本当に超絶メシウマ。

タバコが解決したらいよいよ、つぎはアルコールである。ここから先の変化は、これまでと違ってかなり早まるかもしれない。世界は少しずつ良くなっているなあ。