kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

うるさい列島

新幹線って運賃高すぎる。車内放送がうるさい。東京を発車してから延々となんかしゃべってる。何時にどの駅に着くとか、知りたい人はネットで調べるよ。やっとこその車掌の饒舌が終わったかと思うと今度は、車内販売の案内アナウンス。そんなもんいちいち告知しなくてもいいんじゃない? 販売ワゴンが通れば買う人は買うよ。

生真面目だけが取り柄のロボットみたいな過剰「サービス」にうんざり、げんなり。

レストランで客にサーブするとき、いちいち説明しなくていいんじゃない? 唾が商品にかかるでしょ。「お熱くなってますのでお気をつけください」とか「ご注文は以上でお揃いでしょうか」とか、うるさいなあ。そういう熱いものを火傷しないで食べることこそ、自己責任ですよ。安い給料で必死に働いているのを目の当たりにすると、つらい。はやく全部ロボットに入れ替わってほしいなあ。まあ私の場合、この種のロボット・レストランには全然行かないからいいんだけど。

どいつもこいつもなんでこんなにうるさいのか? 理由は簡単。それをしないと誰かに怒られちゃうから。組織の支配者は毎秒毎秒、自分に忠誠を伝えてくる奴しか信用しない。物凄く猜疑心が強いのである。

明るくて元気ですぐに返ってくるべき反応が鈍かったり、権力者がエロを醸してきてもスルーしたり、やけに反応に間隔が空いたりする奴は、自分のアタマで考えている可能性が高いので、警戒して排除しちゃうのである。

排除されないように、必死に頑張るのはわかるけど、それって客にとってはど〜でもいいこと。