kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

フラットな毎日にしたい

基本的に移動が嫌いで、たまに名古屋に行ったくらいで、旅行の欲求がゼロどころかマイナスになっている。アルコールを完全にゼロにしてから旅行先でも丸で酒を飲まないので、旅の体験がその分濃厚になった。

昔は、人生ってスパイキーな方が楽しいと思っていたけど、いまはフラットな方が幸せを感じる。判で押したような生活。むしろ、いかにしてフラットにするかに知恵を使う。

食べ物は、朝は味噌汁と銀シャリ、昼はサブウェイ、夜はなんか適当なものの繰り返しでOK。昨日4/27のサブウェイは「野菜多めで」と注文すると野菜を鬼盛りしてくれて最高だった。

f:id:Mushiro_Hayashi:20180428222940j:image

サブウェイのプリペイドカードは5000円チャージすると250円もポイントが付くのも嬉しい。

着るものも平日も休日も、本当は完全に同じにしたい。既に下着類は完全に同じものしか身につけないからあと一息。

着るもの、食べるもの、住むところをとことんフラットにして、読む本、観る映画だけが少しずつ違っていて、スパイキーなのが理想。酒を飲まないとそれくらいのトゲトゲやジグザグで十分な刺激になる。

アルコールが自己目的化するからこそ、スパイキーな毎日を求めてしまうのではないかとすら思う。楽しさのセンサーがアルコールでめちゃくちゃ鈍くなって、強い刺激を求めてしまう。毎晩飲む店、つまみ、会う人をとっかえ引っ換えすれば、如何にも濃く生きている気になるが、錯覚かもしれない。

アルコール注入によるスパイキーな生活からすっかり縁遠くなって、気分はすっかりフラットな隠遁者である。