kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

自己諧謔という朱子学カルト

「働くパパママ」川柳 大賞は「ワンオペも 逆手に取れば ひとりじめ」(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース

これがちょっと炎上気味だけど、常々「ホニャララ川柳コンテスト」に虫唾が走る。

「働くパパママ川柳」──なんでこんなのやってるのか意味不明だけど、最優秀賞は「ワンオペも 逆手に取れば ひとりじめ」ってやつで、ワンオペに耐えていい方に解釈する姿勢を奨励しているところが、主催者や選考者の根本的な無理解や勘違い「まず仕事ありき」を雄弁に語ってしまっている。これじゃ持続可能じゃないじゃん。

それから、生保屋が毎年やってるサラリーマン川柳も、ほんと勘弁してほしい。

「優秀」とされるクソ川柳に共通する自己諧謔とは、要するに、自分を馬鹿扱いすることで出る杭にならず、権力者に目をつけられないようにするとか、相手を油断させて点数稼ぎをするという、面妖な朱子学カルト基本動作に他ならない。

例えば、「効率化 進めてきづく 俺が無駄」みたいなサラリーマン川柳は、典型的な朱子学カルト思想で、とことん無能を装うことで、社会人としての生存を得ようとする見え透いた浅ましさがフルパワーで感じ取れる。

①とにかく明るく元気にしておけ②ノリノリで時にはエロも受け容れろ③徹底して無私無欲、無能であれ──朱子学カルトは、結局この3つの無言の強制に集約されるのだけれど、クソ川柳コンテストでとことん競わされるのは、③徹底して無私無欲、無能であれ、である。

ユーモアと卑下の区別がつかない人間は、権力に利用されてもヘラヘラしてやがる。

冒頭の働くパパママも、ワンオペのつらみを「テヘペロッ」と自己諧謔で乗り切る健気さこそ、下々の生きる知恵なんだよと上から小馬鹿にしているから、炎上しているのではないか。