kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

串カツ田中

<実況中継>きょうの動意株 | 串カツ田中が大幅続伸、6月からほぼ全店で禁煙化を好感 | 会社四季報オンライン

私自身は、この居酒屋に行ったこともないし、お酒を飲みながら酔った他人のちんけな「正義」を被曝するのが、本当の穢れ(=気枯れ)だと思っているので、これからも決して行くこともないけれど、居酒屋の比較的メジャーなチェーンとして、おそらく初めてほぼ全店禁煙に踏み込んだ決断ではないか。

禁煙の決断をしてしまいさえすれば、何の投資もなしで、実はそれだけで早い者勝ちで評価が高まる典型的なファースト・ペンギンが、禁煙化なのである。

マクドナルドも収益アップ、まともなマーケティングしている会社はどんどん追従する。そりゃ消費者の7割はタバコ吸わない訳だから、小学生でもわかる道理がわからない方がバカである。

しかし改めて声を大にして言わなければならないのは、そもそも居酒屋とは、後ろめたい、やさぐれた、薄暗い場所なのだということ。

居酒屋がこんなに表通りで堂々と人を呼び込んでいるのは、日本ぐらいである。本来は、ドラッグを打つ場所なのである。酒のある人生など、生き方ではなく単なる死に方に過ぎない。飲み代なんて、緩慢な死に支払う割の合わない固定費に過ぎない。

酒場放浪だの、朝から飲めるだの、飲み放題だの、ちょい飲みだのと自殺的なアルコール乱用天国、日本。特に安酒を一定時間ボトムレスで飲ませる飲み放題は、早急に法的規制がなされるべきである。

大切なのは、厚労省なぞというしょうもないネポティズム三流官僚集団による規制よりも、今回の串カツ田中のように、マーケット評価によって世の中が変わっていく、まっとうなメカニズムが機能することではないかと思う。