kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

時の経つのがはやくなった

朝風呂、朝サウナ。サウナは調子こいて入り過ぎないのがコツ。気分がスカッとする。黒湯温泉、電気風呂にも浸かる。

畑の野菜がこの一週間でボカーンと育ったので喜んで収穫、夕飯で鬼のようにお腹いっぱい食べた。野菜って、日光量と気温に素直に比例する。無農薬で育てるので虫食いの跡が多いけど、味が濃くて美味しい。

f:id:Mushiro_Hayashi:20180408205526j:image

酒を飲まなくなってから、時間の経過がはやまった気がする。毎日が濃く充実しているからだろうか。健康になり、思考が明瞭になり、覚醒時間が増えたのだから、時間の経過がゆっくりになってもおかしくないのだが、なんで短くなったと感じるのだろう。

過去への執着が減り、未来への憂いが消えたから、結果的に現在の存在が大きくなったからだと思う。アルコールを飲んでいた過去とは断絶し、アルコールによる不安から解放されて、未来を恐れる気持ちが縮小した。身体の健康は、良い睡眠をもたらし、将来不安を小さくする。

思考時間が増えることによって、仮説を立て、検証して、対策を講ずる力が高まった気がする。己の思考があるから、外部からの情報流入が制限されて、地に足がつくようになる。

なんといってもしょうもない情報を殆ど取り込まなくなって、ノイズがなくなった。自分の思考がブレなくなると、最初から不要な情報がはっきりする。

まあつまり、現在にフォーカスして生きる力が増すから、時間が経つのがはやくなるのだと思う。そうこうしているうちに、いい風が吹き始めて、考える力が増えているから、焦らず吟味して風の活かし方まで熟慮できるようになった。

まさにいいことばかりである。

深くねむるために  世界は  あり

ねむりの深さが  世界の意味だ

鶴見俊輔「かたつむり」