kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

differentiation としてのブログ

己っちがブログを毎日書いているのはそれなりに言いたいことがあるからだけど、このブログは全くマーケティングしない。

PVとか全然みてないし、はてなブログもProでやってるのに広告も一切貼らないのは、自分の垂れ流すクソに広告をつけるようなマネはくだらないと思うから。アドセンスで稼ぐ端金なんてタカが知れてる。

己っちは、社会人(朱子学カルト)であることを強く嫌悪・否定しているので、当然、生真面目な社会人各位はこんなブログは端から読まないだろう。社会人が偶然読んでしまい、ここに苦情を書き込まれてもただ辛いだけなので、コメント欄も閉じたまんま。

強いて言うなら、己っちはこのブログを通じて自身の差別化、differentiation を促進しようとしている。社会人でなくなれば、簡単に差別化できるからだ。この国で社会人でないことは、超絶ブルーオーシャンだと思ってる。非社会人で非合法ではない人間ってそれだけで貴重なのだ。

どこにでも手ぶらで出かけて、非合理や無駄を唾棄し、社会人のドラッグであるお酒をとことん拒絶する。

コミュ力なんてもう人類にとって全然要らないと思ってるし、人と人はもっと無縁、疎遠に生きていったほうがお互いに幸せだと思う。農耕文明を知る前の人間のように生きたいと思う。

少しでもこちらが気に入らなければ、そいつらの目の前から忽然と姿を消して二度と現れないタイプだし、過去への執着がなく、他人への関心もないので、友人も要らない。なにせ酒を飲むのがアホくさい。他人と飯を食いながら会話すると、頭のなかが穢れると本心から思ってる。

ゴルフもスキーもテニスも生まれてこのかた一度もやったこともない。敬老やボランティア意欲もまるでなく、慈悲やキリスト教精神もまったく共感できない。

己っちからすると、しょうもない社会人を汲々とやってる奴らの方がお気の毒にしか思えない。社会人やんなくていいなら貧乏でも全然OKなのだ。