kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

手ぶら2018

「持ち歩かず、持たず、酒を飲まず」は今年も俺の骨法。日々の「身軽」は「胃軽」に繋がる。余計なものを持つこと、持ち歩くこと、糖・脂・塩を摂りすぎること、アルコールを飲むことは結句、全部「消費」である。つまり、「消費」で幸せを追求しないことである。

キャッシュを持ち歩かない

今年はますます現金を使わない。もう財布を持ってない。余計なポイントカードなどは一切持たず必要最小限に絞り込む。iPhone Xを持つようになって、QUICPayで支払えることも多くなった。

固定費を最小にする

毎月支払わなきゃならない固定費を極力避ける。払っている固定費の便益はとことん引き出して元を取る。例えばジムは固定費だから、毎日メニューを替えて筋トレに励む。

酒を飲まない

アルコールこそ最大の固定費なので、今年も完全なる「無滴の人」でいく。アルコールを飲むことは、糖・脂・塩の過剰摂取に繋がるし、なんと言っても、アルコールが全ての中心になるということは、全ての活動が「消費」になることなのである。

酔った頭で生きると、殆どの時間が「消費」に費やされる。すると「消費」の為に金を稼がなくちゃならなくなって、「社会人」として生きていかなきゃならなくなる。酒を飲まないことこそ、創造者として生きるための一丁目一番地だ。

糖・脂・塩を摂り過ぎない

アルコールとは糖・脂・塩の触媒である。

ビールとポテト(糖)、ウイスキーとチョコレート(糖)、ホッピーとホルモン(脂)、日本酒と塩辛(塩)などなど。酒って実は、糖・脂・塩を口の中で溶かす液体なのである。

なんと言っても自炊することが効果的。

手間暇かけない簡単な自炊を「美味しい」と感じる価値観や味覚に自分自身を変えてしまうのがいちばん。この本が参考になる。

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓