kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

現代の奴隷制度

12月って、酒を飲んでいた頃は毎日のように会食があったけど、やめてからは自宅直帰の日々。人の群れを逆に進む快感。

みんなが夜の街でジャンキーになっている間に、家で本を読んでいると得した気分になる。

奴隷船の歴史

良書であればあるほど図書館で待たずに借りられる。アフリカ奴隷船史料を緻密に組み上げた壮絶な記録。奴隷の歴史は長い。奴隷制は決して過去のものではない。己っち流に言えば、徳川による朱子学カルトもまた狡猾な奴隷制度のひとつで、戦争で負けても根強く残っている。

社会人にいまだに蔓延るパワハラやセクハラの根底には朱子学カルトがある。①常に元気で明るいことを強要され、②空気を読んで時にはちょっぴりエッチになり、③日頃は徹底的に無欲でいること。

支配者が弱き者に常に強要する「元気、エッチ、無欲」はまさに、感情的奴隷ではないか。

会社や学校をやめれば人生終わりだと嘘を吹き込まれ、昼間は気が狂うほど躁状態を強いられる。夜にはダウナー麻薬のアルコールをぶっこまれて、男女問わずエッチであることまで求められる。社会人とは、現代の奴隷である。

#metooでセクハラやパワハラを告発する動きが日本でも出てきたけれど、そのセクハラやパワハラの呼び水になっているのが、アルコールである。

日本におけるお酒とは、洗脳儀礼のための麻薬。オウム真理教が神秘体験を捏造するためにLSDを使用していたことが知られているけれど、アルコールはそのLSDとなんら変わらない。

アルコールによってハイになる儀礼を通じて人々を支配しようとする。だからアルコールをやめることこそ、人間の自由にとって必要不可欠なことなのだ。