kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

読書の冬

iPhone Xを無線充電してすこぶる快調、これはいい。寝る前に置くだけ。

でも若い人は充電しながら寝床でスマホをいじりたい人が多くて、無線チャージは日本ではあんまり普及しないのではないかなどと言われている。更にひどい話だと風呂場でお湯に浸かりながらスマホ充電して感電してしまう、冗談みたいな事故もあるらしい。スマホ依存はアルコール依存と脳のメカニズムは殆ど同じ。

iPhone SE とXの二台持ちをしてみて改めてSEの取り回しの良さを実感する。

  • アウトドア→iPhone SE
  • インドア→iPhone X

の使い分けが良さそう。インドアで、”リーンバック”してiPhoneを見るときにはiPhone Xは素晴らしい。SEもXも中身のソフトはクローンにしてあるので、すこぶる便利だ。

アウトドアでiPhone Xを使うと、サイズが大きく重いので片手だと落としてしまいそうになる。その点、SEはアウトドアでこそ便利なのだ。

 

師走の土日、いつも通りの読書。こんな本をだらだら読んでいる。

あたらしい無職 (SERIES3/4 2)

チリ夜想曲 (ボラーニョ・コレクション)

『あたらしい無職』は編集者の失業日記。失業してのしかかる固定費。

家賃はこの世のショバ代か。

と毒づく。ベーシック・インカムがあれば、要するに家賃がタダになる訳で、BIがある世界とない世界はぜんぜん意味が違う気がする。この本の中に脈略もなくサッチーこと野村沙知代をドトールで目撃する話が出てくる。ちょうど彼女がお亡くなりになったのだった。合掌。

午後は畑で野良仕事をする。土日は意図的に歩こうとしないと歩数が平日の1/3くらいになる。

己っちにとっては会社に行くことはウォーキングに行くようなものだなあと改めて思う。会社を辞めてまでやりたいこともないし、己っちはとにかくクビになるまで会社は辞めない。

『チリ夜想曲』は小説、こちらも面白い。いい本は図書館で予約すれば待たずにすぐ読める。

富士通 スキャナー ScanSnap SV600 (A3/片面)

このスキャナーで無限に取り込んで、図書館の本も裁断せずにデジタルで読めたらいいのだけど、そこまで踏み込む気にはなれない。