kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

手ぶら

手ぶらにベストな財布

【要点】 スマホがあれば、俺の場合残るプラスティックは、サラリーマンのIDカードだけになりつつある。 この世界からバッヂ処理やプラスティックカードが早くなくなって欲しい。 いまのところ俺がベストだと思う手ぶらの財布は、モンベルのトレールワレット…

敬老も敬若もしない

【要点】 Appleの小売最高責任者のアンジェラ・アーレンツさんがApple辞めるってさ。 「新しい個人的および職業的な目標を追求する」ためとのこと。 この世には、挑戦をする人間と、惰性で忖度や同調に汲々と生きる人間の二種類がいるだけ。 かっこいい。こ…

ブラックリストではなくホワイトリスト

【要点】 ホワイトリストがあれば、かなりラクになる。 そのホワイトリストが合わなくなってきたら、ホワイトリストをそっと変えればいい。 ホワイトリストの対人関係とは、生きている人間だけではない。 バッヂ処理、つまり後でまとめて処理しようとするこ…

中華イヤホンのすすめ

【要点】 中華イヤホンの音質コスパは想像以上で、驚くべきものがある。 SONYの高級イヤホンと聴き比べてもそんなに遜色ない気がする。 有線イヤホンを検討している方にはオススメしたい。このイヤホンが2000円ちょっととは。 KZ ZSN 重低音 イヤホン 1BA+1D…

ソロリーマンの生活

【要点】 新聞の部数がわずか一年で222万部も減っているらしい。 ただ俺は、新聞なんて読んでなくても丸で困らない時代は、素晴らしい時代だと思う。 言わば「ソロリーマン」である。 新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた(磯山 友…

『働き方1.9』(ヒロシ著)の感想

【要点】 テレビに出ない=落ち目という連想。 ヒロシのこの本、とてもためになった。 彼が新しい非線形の成功を掴み取ることがなぜできたか、この本を読むとよくわかる。 まずは安室ちゃんの話をしたい。 安室奈美恵、独占ロングインタビュー! 平成史スク…

Kindle FIRE HDを使い倒そう

【要点】 このブログもほとんどAndroid化したKindle FIRE に音声入力で書いている。 FIREロック中画面の広告は非表示にできる 。 Kindle書籍の自動音声読み上げ機能は、iPhone やAndroidよりFIREがダントツ一番良い 。 勝間和代さんの今日のブログ。 Kindle …

ごちゃごちゃうるさいものばかり

【要点】 ブラックリストを編集するのは漏れがあるし数も多くなるので、ホワイトリストのみ設定したほうが早いし清々しい。 多分近い将来、あらゆる取捨選択の原則はホワイトリストが主流になるだろう。 常に信頼に足るホワイトリストを提供するインテリジェ…

サブウェイはなぜダメか

【要点】 FC破産→休業に追い込まれたサブウェイ店舗に今日行ってみたら、当たり前だけど本当に休業してた。 トースターをなおす資金繰りも厳しかったのだなあと、染み入る。 マーケティングがクソ 。 外食産業を追う報道系ドキュメンタリは、つくりがどんど…

紙とペンにさようなら

【要点】 二足歩行が定着した人類は、手に何を持っていたか? テキストの生成もほぼ音声入力によって行っている。 紙とペンを買い足すことはもうないだろう。 青森でニホンザルが集団で電線伝いに歩く映像が注目されていたけど、ニホンザルはやっぱり完全に…

本性と逆算

【要点】 未来にないものは、いますぐに捨てる。 いかに働くことなく成果を出すか? 特別ではなく普通が大切 。 「ワープロはいずれなくなるか?」という質問に30年前のメーカー各社はどう答えた?|@DIME アットダイム 30年前に家電メーカーでワープロ担当…

変革経済へ

【要点】 ざっくり言うとモノ消費→コト消費→ジョブ消費へと消費の目的が大きく変わりつつあるのだ。 変革経済の本質は、「自由」「時間」「マルチタスク」の向上である。 変革経済は、自動運転や音声入力といったテクノロジー・ドリブンなものだけではなく、…

今年買って良かったもの7選1/2

【要点】 「シロモノ」と呼ばれるカテゴリの最大の特徴は「クロモノ」家電とは違ってスマホに飲み込まれないこと。 シロモノ家電は、ホットクック(シャープ)やルンバ(iRobot)などの時間短縮やマルチタスキングを推進する時間価値イノベーションによって…

クリスマスの衰退

【要点】 なぜ日本でクリスマスが急速に衰えているのか? クリスマスはバブルの頃に、ファミリー向けのイベントからラブのイベントに大きく変わってしまい、「クリスマスといえばラブ」の逆ザヤがついてしまった。 だからクリスマスはラブなイベントという古…

無用の用

【要点】 死んでしまったら悲しいと思われる人にだけ「有用」であればいい。 今まで一貫して無用であろうとつとめてきて、ついにそうなりきることができた。お前のように、有用であろうとして命を縮めている者とはわけが違うのだ。 国民国家や資本家にとって…

非破壊自炊の最新方法

今日はまた京成=都営浅草線が始発からブラックアウトしたし、ソフトバンクも長い時間あらゆる通信がブラックアウト。 最悪の事態にならない為の複数のリスクヘッジが効いておらず、フェイルセーフが丸で機能しないまんま原因がわからず長時間ブラックアウト…

これからの住環境とは何か

「高輪ゲートウェイ」駅から三駅目の川沿いで地面師に63億円騙し取られたハウジング企業がじゃんじゃん宣伝している持ち家のCMを見るたびに、こんなハリボテ風の豪邸建てられるのは上位何%の富裕層だよと突っ込みを入れるわけだが、果たしてこんな昭和時代の…

友愛思想のおしまい

会費「1人6千円」に絶句… 飲み会で表面化する収入格差 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 心が果てしなくいたむ無限哀愁記事。朱子学カルト炸裂。俺のいる会社はこれよりまだ少しはまともで、こういう半強制の送別会をやる時は、非正規の人はタダが…

クレカのコモディティ化

ダイナースクラブの広告記事、「厳しいご指摘を頂いている」早期に掲載終了 世間的に有名なカリスマ経営者に仕える「縁の下の力持ち」的な人ばかりにインタビューした某本を先日図書館で借りてざっと読んで、つまらなくて速攻で返却したのだけど、カリスマの…

ICレコーダーについて

音声全録によるライフログをはじめて半年以上経過した。丸一日、とにかくなんでもかんでも録音し続けることのメリットはやってみると、計り知れない。ライフログ本来の記録という目的はもちろんだが、なんでも記録されている安心感から、他人の話をまるで聞…

「録れ高」こそ価値になる

カルビーからライザップに移籍したプロ経営者の松本晃さんは、「ノーミーティング、ノーメモ」と言っていて、ムダな会議はやらないし、メモは取らないという。つまり口頭ベースの短期記憶で判断や処理できるシンプルな情報を重視している。ホンダも、出席し…

立ち書きスタジオ

寺山修司生前の書斎写真が好きで、どこがいいかというと、あんまり作家っぽくなくて、どっちかと言えばビジネスマンっぽいところ、とてもシンプルなところがいい。 寺山修司の手書き原稿はとても几帳面で、書斎にもその几帳面さがよく出ている。彼は残念なが…

Together and alone

暇に任せて図書館で『文藝春秋』12月号の五木寛之による寄稿文を読む。記事の高齢化(団塊化)が進んでいて、自腹で買う気がしない。 【特集】「孤独」のすゝめ 人生百年時代の「極上の処方箋」 五木寛之 「ひとりで死ぬこと」の幸福論 (『文藝春秋』十二月…

周回遅れ

2020オリパラ大臣がなんでサイバーセキュリティ担当を兼務するのかよく分からないけど、桜田大臣が答弁でPCを使わないと言ったことから国内外でどよめきが広がってる。 「桜田五輪相はシステムエラー」海外メディアが皮肉次々:朝日新聞デジタル つい先日も…

固定費は泥棒

コンビニ店長ほど死んでもやりくない仕事はない。絵に描いたような名ばかり自営業。本部から容赦ない指図を受けた上に、驚くほど裁量権がなく責任ばかり負わされ、最悪なのは、ほとんど儲からない。 人件費が高騰しているので自分が働かなければならず、やれ…

社会変化を味方につける

時々巷のお店に行くと、そこに並んでいる現物ではなく、その店の通販で買いたくなる時がある。寝ぼけた客が商品を派手に床に落としてぶちまけたり、手で口を覆うことなくくしゃみをしていたり、老人が鼻くそをほじった手で商品をべたべた触ってたりするのを…

サウナで読書する方法

サウナはネットからも余計な他人からも完全にdisconnected、遮断されて超絶クローズドな思考環境を作るには安くてとてもいいのだけれど、弱点は二つある。 まずサウナのテレビで気が散ること。顧客へのサービスのつもりでサウナ室内にはテレビや余計な音楽が…

手ぶら読書のプログレス

手ぶらで生きる私にとっては、紙の本を持ち歩くことは文庫本ですらかなり苦痛。そもそも本とは人類が最初につくり出したデジタルクラウドだから、本を私蔵することそのものが本当は不要で、20世紀というのはたまたま紙の本を大衆に売ることが効率的だった時…

持ち運びや食うのがめんどくさい食い物は衰退する

ドタキャンの沢田研二がカーネルサンダースに似てると言われてたけど、沢田研二を支えたあの昭和時代の分厚い中間層はもうどこにもいない。 カーネルサンダースのKFCも、業績が絶不調らしく、これも本質的には彼らがターゲットにしてきた中間層がいなくなっ…

ディープ・ワーク

Deep Work 「ディープ・ワーク」とは、自らが本当にやりたい意味あることに集中できる環境を作り、それに没頭すること。 朱子学カルトのゴールである経団連会長wがようやっとメール始めたらしいけど、メールはもはや殆ど情報をスクリーニング・アウトするツ…