kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

嫌酒の哲学

SimejiではPayPayは変換できない

【要点】 サイゼリヤが全面禁煙に 全面禁煙にしたら客が増えて当然 サイゼリヤも串カツ田中も未だに現金オンリーでクソ 景気なんていう実体のない、よく分からないもののために3兆円も使って準備している東京オリンピックだけど、俺はまるで関心がない。あと…

2割側しか見えてないバカ

【要点】 人間の8割はバカ・レイジー。 世界で巻き起こりつつある8割側へのシフトに日本は丸で対応出来てない。 アルコールも2割側しか見えない人間をコントロールするためのドラッグ サウナのなかで時間を測るのをやめた。身体が辛くなったら速攻で出る。「…

ドラッグをやめるための世界認識とは?

【要点】 麻薬はすべて、人間の尊厳を奪うもの 人間が人間を機械のように使うロボット化が背景にある ドラッグは「人間を機械化するロボット化」からの逃避にも、強化にも、利用されてきた どうして人はお酒を飲みたいと思うのでしょう?答えは明快。「お酒…

自由に考えることが生きること

【要点】 アルコールなんてまずいもの、昔は好き好んで飲んでいたなあ 酒を飲まなくなって、人生が連続する線のように続いていく感覚 考えごとを断続的に続けることこそ、人生 出張先で会食してようやっとホテルに戻る。つまらない人間との会食。これももち…

自分を維持する希望

【要点】 固定費をかけて人を雇用する事業の終わり 「自分を維持すること」の希望とは、要するにルソー的な希望 つまり大きなヒエラルキーの終わり 自分の進むべき方向がはっきり見えているので、事実上もう会社はやめちゃってるし、世の中のこともほぼ関心…

朱子学カルトとは人間の生体BOT化

【要点】 朱子学カルトとは、「人間の生体BOT化」 生体BOTはアルコールで物忘れが激しいので叛逆も起きない 機械のロボット化よりも人間の生体ロボット化に社会資源が投入される美しい国 世間では喧しくシンギュラリティなぞ言われてるけど、そんなジャーゴ…

自由ではなく劣化

【要点】 アルコールなんて、自由でもなんでもない 飲酒とはアルコールという原始的テクノロジーによる野獣化、劣化 15年後にはアルコールがほとんど飲まれていない、なんてことすら有り得る 早大スーフリ事件「和田サン」懺悔録 現在は別名、15年の“塀の中”…

ルソーの森へ帰ろう

【要点】 撤収を完全完了している俺からすると、殿から零れ落ちてくる意見のない思考停止人間は不気味 ルソー的な森を悠然とさまよえるようになると、しょうもない殿戦には駆り出されなくなる なにせこの森には産業も言葉も戦争も連帯もないのだから 無理ゲ…

強欲さが摩耗に達する

【要点】 コンビニが24時間営業でなければならないのは本部が儲かるから ロボットに代替できる仕事は決済くらいで、解決策ではない 日本のあらゆる事業や産業は、朱子学カルトのビジネスモデルを磨き上げて摩耗に達した コンビニの、近代小作農のように無茶…

『禁酒セラピー』のすすめ

【要点】 『禁酒セラピー』の合理性こそアルコールという麻薬への真実の理解 お酒に依存してしまうと、人生がつまらないものに感じる 酒で肉体と精神が弱まれば、人生はつまらなく感じる 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府…

インナーピース vs イキる

インナーピース(内なる平和) 大坂選手はプレイ中にインナーピース(内なる平和)に達すると何も気にならなくなり、集中できるようになったというのです。感情が高ぶりすぎると次の行動ができなくなります。感情コントロールが大切です。 感情をコントロー…

頭の邪悪な人からの卒業

【要点】 難しいし、長くなるけど、とても大切な話は、アルコールの介在しないSober TalkとかTea Talkと呼ばれるものでしかdeliveryできない。 敵は頭の悪い人ではなく、頭の邪悪な人である。 俺の人生を振り返ると、我慢できなくなるとおっさんを見切ってEX…

社会人からのEXIT

【要点】 団塊ジュニアは、ほんとに日本という朱子学カルトシステムによる被害者の世代だと思う。 朱子学カルトからのEXITは早ければ早いほど良いと思う。 EXITのデメリットはほとんどない。 「ヒロシです」のネタが1時間の長さで編集されてるYouTubeがあっ…

酒はあなたを三度殺す

【要点】 アルコールから自由になると、野生の動物としての自由を生きられるようになる。 それは2万年前の人間と同じ自由である。 偉いやつと酒なんてもう飲まない。 スキージャンプの「鳥人」ニッカネンが55歳で死去との報。死因は不明だが、どうやらアルコ…

劣化するオッサン社会

【要点】 他人を急がせることそのものが超絶失礼なので、マジでやめてほしい。 「飲み会」が退職者を出さないための有効な「打ち手」だという認識そのものが、相当にズレている。 その「飲み会」で管理職からひたすら聞かされるのは、長いメールと似たり寄っ…

「新しい全体性」を生きていく

【要点】 酒をやめてから、熟睡そのものが生きる喜びになった。 これこそが人生。 「○○なしでは生きられない」と信じていた時代が終わるのが好き。 「小さなアイドル」とは要するにニッチということで、国民的アイドルは生まれにくくなるだろう。 酒をやめて…

ソロリーマンの生活

【要点】 新聞の部数がわずか一年で222万部も減っているらしい。 ただ俺は、新聞なんて読んでなくても丸で困らない時代は、素晴らしい時代だと思う。 言わば「ソロリーマン」である。 新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた(磯山 友…

Sobrietyという未来ビジョン

【要点】 あるといいかもなと思うのは、アルコールをやめるための1週間ぐらいの合宿ツアーのようなもの。 要するにアルコールというのは、アルコールを飲む前には十全に機能していた「全体性」をそっくりそのまんま別の「全体性」に書き換えてしまう。 日本で…

個性とは、辛く苦しいもの

【要点】 「楽しそうにも、まぶしくも見えない大人」から新成人に、花向けや激励の言葉を送ること自体に無理があるし矛盾しているのではないか?。 直木賞作家が大人代表だとすること自体に、もはや無理があるのだ。 個性的で素敵な大人なんて、どこにもいな…

恵方巻きにあやまれ

【要点】 ファシズムとは別に政治的な闘争でなくても、コンビニの恵方巻きでも機能するのである ノルマを競わせる材料はなんでもいいのだ 恵方巻きにあやまれ! 初詣も除夜の鐘も捏造なのだから、当然恵方巻きなどもまともな文化風習とは言い切れず、全国で…

呑みュニケーションがかったるすぎる

【要点】 酒を飲むと人間はほとんど同じ話を繰り返してハイになる。 いくら仕事とはいえ、偉そうな人間と酒席を共にするのは相当かったるくなってきた。 帰宅して速攻で眠った。 セブンで入口付近の灰皿が撤去されたのは、今年の元日から一部適用が始まった…

あらゆる制圧はNGになるよ

【要点】 下記はこれからどちらもアウトだよ。 規律訓練型の制圧 。 環境管理型の制圧 。 始業前に毎日理事長へ挨拶 私立高の教員が是正求めストライキ - ライブドアニュース 朱子学カルト炸裂。授業が8:00スタートなのも相当にしんどいが、権力者への毎日の…

とことん暇で孤独でつましくあること

【要点】 もう私達は、飢え死にしてしまう中世に生きているのではないのだから、立身出世なんていう幻想は要らないのだという前提に立てないと、朱子学カルトから抜け出せない。 朱子学カルト社会から抜け出すために成すべきことは簡単で、要は「3フリ」の逆…

ポスト米軍時代を占う

【要点】 変わることなく判で押したような生活が続く。 次は「移民」が来て日本は何かに変わるかもしれない。 沖縄に限らず日本のあらゆるサプライチェーン、バリューチェーンに「移民」が組み込まれつつある。 サウナ初めでいつもの銭湯に行く。今日あたり…

こんまりのビジョナリー

【要点】 こんまりのすごさは、断捨離に明確な意味をつけたことだと思う。 こんまりは、「ときめき」という未来からやってくる価値やビジョンを見つけたことで、無駄の特定ができるようにした。 片付けという一見すると即物的な行為に、ロマンティックなビジ…

友だちは一人いればOK

【要点】 俺にとっては昔も今も友だちは少ないに越したことはない。 しかもずっと同じ人物と友だちでなくても構わない。 友だちは一人いればOKだし、友だちは本や映画でも構わない。 「米軍74年」の元日。いわゆる寝正月ではあるもののテレビとアルコールは…

政治空間からの撤退

【要点】 政治空間がどんどん貨幣空間に溶け出しており、貨幣空間では容赦のない市場原理が優勝劣敗の競争を繰り広げている。 政治空間では通用するプロパガンダの言葉も、貨幣空間では完全スルーされてしまう。 政治空間はますます干上がって行くだろう。 …

平成に置いていくもの

【要点】 一月は酒をやめるチャンスである。 そのプラットフォームを毀損されている状態からのリカバリは、人間としての自由、尊厳を取り戻すことである。 平成に、アルコールを置いていこう。 「ドライ」って、極東の日本ではなぜか団塊の世代向け某ビール…

マンスプレイニング mansplaining

【要点】 説教したがる男たち 。 ずばり「マンスプレイニング」という概念である。 とことん変わるべきは、老害のおっさんである。 レベッカ・ソルニット「説教したがる男たち」がようやっと図書館で借りられたのでちんたら読んでいる。 エセー集。来年の日…

ヒューマン・ユニバーサルズ

【要点】 文明化された人間の表層などあてにならない。 深層は嘘だらけである。 悪知恵の働く凶暴な人間がいたからこそ、人類はここまで生き延びてきた。 それくらい人間はヤバい。 エスカレータの片側を、急いで駆け上っていく習慣をやめようという運動があ…