kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

嫌朱子学カルト

反朱子学カルト的毒虫

【要点】 図書館に行けばいつでも車谷長吉がいる、と思えることは俺にとって生きる救いになっている アルコールを飲まないこと 俺は反朱子学カルト的毒虫になりたい 俺は車谷長吉が好きで、何か嫌なことがあると丸一日図書館に引きこもって、彼がぐだぐだ書…

尊敬どころか嘲笑してしまいます

【要点】 コンビニのおにぎりとかサンドは「ミニチュア詐欺」と呼んでしまいたいレベル 俺はこの奥さんの方に120%共感できる 朱子学カルトの生真面目な末端なんて、嘲笑しかないじゃん ものすごく利益率の低い事業なのに、何万人も人間が張り付いている日本…

他者からの評価は要らない

【要点】 非対称な評価システムは、農業時代の名残 他者を軽々しく評価しない 他者から評価されない人間になるべき サウナ王による「5:1:5の法則」を励行してみる。サウナに10分入ったら、水風呂は2分、休憩10分。この5:1:5のセットを3回繰り返すのが推奨み…

事業の総薄利寡売化

【要点】 日本の製造業はあらゆる業種で営業利益率がものすごい勢いで低下 コモディティ化して、薄利なのに売れない、どん詰まりオワコン事業ばかりの日本 コンビニの時価総額も急縮減 日本維新の会、現職の衆議院議員と参議院議員公認予定の候補者が、暴言…

楽しさ溢れる東京ディズマランド

【要点】 しょぼいサロンYouTuberのコンテンツはマーケティング力なさ過ぎ 世界中で人気になるのは言葉のないコンテンツ 観光資源としての朱子学カルト 品川駅の港南口、朝の朱子学カルト会社員の出勤パレードは、外国人の観光スポットになっており、二階ス…

しょぼさ爆発・景気の後退

【要点】 雨後の筍みたいにサロンが立ち上がったのも、景気拡大のピークだった サロンの固定費を掠め取られる奴隷階層にはなりたくない いま忍び寄るリセッションが次にぶち壊すのは、よりファンダメンタルな機能 ビットコインやタイムバンクなどの「金融商…

YouTubeは現代のパノプティコン

【要点】 リアルタイム晒し上げ社会の到来 YouTubeで生中継しているお弁当屋は、万引きが減った YouTubeとは現代のパノプティコン この前、YouTubeに売り場をリアルタイムで生中継している弁当屋のことをブログに書いたけれど、昨日「NHKから国民を守る党」…

アルコールは朱子学カルト社会のいじめ

【要点】 アルコールを飲まなくなって、飲食に使う時間が劇的に短くなった アルコールの入った人間による言論の価値はほとんどない 朱子学カルトから自由になることと、アルコールから自由になることは相関が極めて高い 畑の葉もの野菜が大量に収穫できて、…

ステルス重税国家

【要点】 江戸すごい、は朱子学カルト 「税」と名のつくものだけでなく様々なステルス税がのしかかる 株価3割減で、日銀は債務超過に 来年の五輪に絡めて東京はすごいんだぞ情報がやたら目立つけど、東京はもちろん昔の江戸だってすごい! まで行ってしまう…

だらだらするのに忙しい

【要点】 生きている人と死人の境目を重視しない 本は、人でもあり旅でもある 仕事と遊びの境目を重視しない バブルのおかけ様で大学を出られて一番良かったと思うのは、一生その図書館を使っていいことだろうか。はやくここに一日中引きこもって毎日朝から…

朱子学カルトの面着信仰

【要点】 意味もなく「直接会うこと」を重視する朱子学カルトの面着信仰 コミュ力とは要は面着への異常執着 外人だけではなく日本人の若い世代からも、物笑いの対象 内定辞退の正しい伝え方、「直接会って、まず感謝」を :日本経済新聞 俺のGoogleニュースは…

全録→生中継社会へ

【要点】 売り場の動画がYouTubeにそのまんま生露出している弁当屋があって、万引きが減ったらしい 5G時代になれば、音声全録ではなく映像も全録、生中継できるようになる 朱子学カルトがテクノロジーで抑止されるいい時代になってきた 最近の舌禍や失言事件…

映画『グリーンブック』と「物語の胎児」

【要点】 国外の優れたドラマに慣れてしまうと、日本のドラマを観たいと思わなくなる 物語の骨太なフォーマット「物語の胎児」 差別とは、複雑であいまいなもの 高齢者のネトウヨ化が問題になっていて、例えば久し振りに実家に帰って団塊世代の親と話してみ…

これは景気悪化ではなく第2の敗戦

【要点】 令和はやはりヤバいかも 「失われた30年」の真因は、日米経済戦争の敗戦 日本を棄てて海外で生きられるようになった方が良い 景気「悪化」に引き下げ 動向指数、6年2カ月ぶり:朝日新聞デジタル 6年2カ月ぶりに景気「悪化」に引き下げ、来た。…

立ちすくむ落日の国

【要点】 日本の急成長に驚いた当時の中国人は、素直に日本に学ぼうとした だから今も、中国人にとっては、早稲田大学はとても人気がある 既に日中経済「戦争」は、日本の負けが決定付けられつつある かつて日本が明治維新をしていた頃には、中国の清は本当…

夏服と手ぶら

【要点】 定時なんてあるから、相互監視が始まる ICレコーダー(全録用) はやくスマホ完結になって欲しい 「わたし、定時で帰ります」っていうドラマがあるけれど、定時っていうのがなんとも昭和。昭和に定時が必要だったのは、工業が主力産業で全てが工場…

不自由を自由と勘違い(笑)

【要点】 マイカーは豊かさの象徴であり、運転は自由という価値と強く結びつけられた 酒と車と電気は、この国の豊かさと自由のベースだと優良誤認されてきた 老人による車の事故は、運転の価値が変わっていないから起きている 俺が学生の頃は、予習・復習両…

アルコールをやめることこそが最強のライフハックである

【要点】 アルコール依存症を助長する本が目立つ 新刊書読者にはアル中予備軍が多い アルコールは、麻薬 あらま、とあるビジネス街の本屋に平積みされて仲良く並んでいたのが、この3冊。 新刊書って、こういうトンデモ本ばっかりになってきたな。中高年しか…

マイ・グレート・リセット

【要点】 改元や式年遷宮は「クロノス」 「クロノス」に基づく「上からのグレート・リセット」なぞ虚しい アルコール飲まなくなった「カイロス」が俺のマイ・グレート・リセット 子どもの少ない子どもの日、街を歩けば、よぼよぼの老人とその子どもである中…

進行中の「静かな革命」

【要点】 戦争や暴力が最善手ではなくなった 反抗に暴力は必ずしも必要ではないし、反抗開始の予告も宣告も実は要らない 日本の下々がやってる「静かな革命」は、要するにサボタージュ 長い目でみると、世の中から戦争や暴力はどんどんなくなっている。日本…

嫌になったら次を探せばいいんじゃね?

【要点】 エントロピー増大の法則 俺の目指す「だらだら生きる」とは「水の如く」に近い 「レンタルなんもしない人」は、水に近い 世は儚く移ろうからこそ、意思とか夢とか人為的、作為的な魂を強く持つのは、良くない気がする。だから俺は、己のことを排泄…

懲役31年としての平成

【要点】 ありがとう平成? 平成時代には悪いけど、謝意などまるでない 平成とは俺にとって、無意味な朱子学カルトへの帰属から脱出までの懲役31年 アルコールを飲んでからやめるまでの31年なんぞ、なくても全然良い時間だった 寒い。だから畑作業が捗る。近…

しょぼ〜い電子マネー

【要点】 電子マネーなんて、下々がしょぼく透明化されるだけ PayPayなぞキャンペーン終わって平常モードになったら、少なくとも俺は120%放して使わない 俺はチェリーピッカーなので、ばら撒きキャンペーンが終わるとパタッと使わなくなる もしも日本銀行券…

10連休ではっと我に返る若者たち

【要点】 何にもしてないくせに、何かをしたような気になっている奴ら いま若者が日本企業に感じている「ダメだこりゃ」感を、少し前まで感じていたのは外人 ゴールデンウィークが終わったら、しょうもないクソ会社なんて辞めちゃう人が続出するだろう 今日…

ライフスタイルとしてのSobriety

【要点】 依存症のことなんて知らないよ、関係ないという人がほとんどだけど、 映画『ビューティフルボーイ』はおすすめしたい 勝間和代さんの本はスタイルとしてのSobriety の先駆 勝間式超コントロール思考は、少なくとも俺にとってはとても画期的な本で、…

朱子学カルト、ますます強化中

【要点】 JR西の福知山線脱線事故から今日で14年 大規模なシステムを統べる技術や能力が蝕まれつつある 朱子学カルトの体質は強化されている ──俺は先月までこの路線に仕事でよく乗っていたので、事故現場を何遍も通過した。列車が脱線して激突したマンショ…

令和のこころ

【要点】 親も教師も殆ど役に立つことを何にも教えてくれなかった 一方頭のいい親は、子どもがはやく自分を追い越していくように成長を促す 自由の反対が令和、つまり朱子学カルト 親がバカだったり家が極度に貧乏だったりすると、何もかもを自力で見つけな…

上げ潮のあの政党

【要点】 「NHKをぶっ壊す」で毎日もりもり飯を食っている人々が現にいる 「朱子学カルトをぶっ壊す」でも飯が食えるかもしれない 平成初期の破壊的仏教カルトと現代の朱子学カルトはどちらも同類のクソ 最近とても注目している「NHKから国民を守る党」(以…

生還者よ

【要点】 天然知能 (講談社選書メチエ) 「ブーンロッド」(生還者)は、この犬の存在を知った俺にとっての「天然知能」ではないのか 生還者とは多くの人々にとって自らが拠って立つ世界も刷新される存在 タイ沖220キロで泳ぐ犬、油田作業員が救助 - ライ…

次世代シニアと平成時代

【要点】 「バブル世代」は最近、「次世代シニア」と呼ばれてるみたい サラリーマンの「次世代シニア」の多くは死んだ魚の目をしてる 「次世代シニア」の負け組が平成初期に仏教カルトにはまり、勝ち組は平成末期のいま朱子学カルトにはまっている 平成が始…