kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

世情

新聞と軽減税率

テレビやラジオ番組に新聞記者とか通信記者とかが偉そうに出ているけれど、もはやほとんどいらないのではないか。じつは民主制ですらないこの国民国家において、彼らみたいなただのサラリーマンによる似非民主制の見立てや見解なぞ、冷戦が30年前に終わって…

時間価値の変化

2007年に登場したiPhoneによって、人類は細切れの時間を有効に活用することを覚えた。それまでも通勤時間を有効活用しようというライフハックは存在した。しかし、スマートフォン普及以降の時間革命とは、通勤時間よりももっと短く分散していた細切れ短時間…

平成──逆行の30年

11月になると未だにボージョレ・ヌーボーの胡散臭いプロパガンダが出てくるけど、これが日本に定着したのはバブル時代だと思う。毎年毎年「今年のボージョレ・ヌーボーは最高!」と言っている気がするが、俺からすれば酒は並べて毒物、薬物であって、例外な…

社会変化を味方につける

時々巷のお店に行くと、そこに並んでいる現物ではなく、その店の通販で買いたくなる時がある。寝ぼけた客が商品を派手に床に落としてぶちまけたり、手で口を覆うことなくくしゃみをしていたり、老人が鼻くそをほじった手で商品をべたべた触ってたりするのを…

もはやまつりの要らない理由

人間のルールに「人を殺してはいけない」というルールはない。あるのはただ「仲間の人を殺してはいけない」だけである。 死刑や戦争の執行が法的に許されるのは殺す相手が、彼らの仲間ではないからである(日本国は戦争を禁じていながら、死刑は容認するとい…

まずは自滅しないこと

大★家具とか、いわゆるお家騒動でものすごく知名度が上がったのにそれをまったく商機に出来ず、ズルズルとダメになってて、それって単に自滅な訳で、高尚な戦略をあれこれ構想する前に、自滅しないことが大切なのは、法人も個人も同じである。 自滅とは、要…

朱子学カルトと移民

外国人労働者をどう受け止めたらよいのか?(岸本周平) ジャーナリストをわざわざ「フリー・ジャーナリスト」と線引きして呼ぶ、もはや「官報」と化した日本の「記者クラブ発ニュース」を観てると、単純労働の外国人材を解禁すれば、外国人労働者がわんさか…

ファスト・ドラッグ・ジャンキー

渋谷をハロウィンのメッカにしたのは、どう考えてもテレビだと思うけれど、その結果として人が集まりすぎて、いきなりバッシングに方向転換。昨年くらいまでは、かなり仮装もポジティブに取り上げていたのに、テレビを観ているメインは老人だからか、テレビ…

時間へのコントローラビリティ

今日はハロウィン……。渋谷の和製レッドネックオフ会がすごいことになっている。 新・映像の世紀 特別編 渋谷の若者が見た革命 - YouTube 渋谷が西武や東急などの資本による文化の街だったのはせいぜい2004年位までで、それから先は単なる吹き上がり場、破廉…

中間層は現代のネアンデルタール人か

人類史には、ホモ・サピエンス以外にも複数の人類がいたけれど、いまはホモ・サピエンスしか生き残っていない。人類は単一種なのである。ネアンデルタール人はなぜ滅んだのか諸説あるらしいのだけど、一説ではホモ・サピエンスが浄化によって滅ぼしてしまっ…

リーマン・ショックから10年

AmazonプライムでいまなぜかNHKの「プロフェッショナル〜私の流儀」とか「プロジェクトX〜挑戦者たち」といった昔の動画が見られるのだけど、2000年代のNHK番組には「ものづくり礼賛」や「サラリーマン賛歌」が根強く残っていて、いま観ると笑止千万、隔世の…

手ぶら読書のプログレス

手ぶらで生きる私にとっては、紙の本を持ち歩くことは文庫本ですらかなり苦痛。そもそも本とは人類が最初につくり出したデジタルクラウドだから、本を私蔵することそのものが本当は不要で、20世紀というのはたまたま紙の本を大衆に売ることが効率的だった時…

持ち運びや食うのがめんどくさい食い物は衰退する

ドタキャンの沢田研二がカーネルサンダースに似てると言われてたけど、沢田研二を支えたあの昭和時代の分厚い中間層はもうどこにもいない。 カーネルサンダースのKFCも、業績が絶不調らしく、これも本質的には彼らがターゲットにしてきた中間層がいなくなっ…

ディープ・ワーク

Deep Work 「ディープ・ワーク」とは、自らが本当にやりたい意味あることに集中できる環境を作り、それに没頭すること。 朱子学カルトのゴールである経団連会長wがようやっとメール始めたらしいけど、メールはもはや殆ど情報をスクリーニング・アウトするツ…

「小所低所」からモノを云う方法

人類そのものがもともと、他者からの「三説」(説明、説得、説教)が大嫌いなのである。 日本は江戸時代から今もずっと封建制度が続いている。バカ殿に対していかなる説明、説得、説教も厳禁である。バカ殿が「サンマは目黒に限るのお」と云えば、部下は「さ…

中間層を無視することの巨大な価値

Amazonプライムのオリジナル・コンテンツを観てると、めちゃくちゃレベルが高い。かけてる予算規模も凄いのだけど、訴えようとしているコンテンツの知的レベルが凄く高いのだ。 翻って日本のクソな地上波ドラマ、敢えて名前を出すと下記ドラマのような、視聴…

平成という立ち往生

日本で社会福祉が行き詰まっているのは単に金持ちに累進課税を適用出来なくなっているからで、金持ちは、見ず知らずの貧しい老人のためになんて金を使いたくない。アベノミクスは要するに資産運用による所得を甘く見逃して、富裕層から税金を厳しく取り立て…

損得勘定キマジメン

私の原理は明確で、10年後にないものは今すぐ容赦なく棄てる、である。アルコールやニコチンはもちろん、PCメインの仕事とかヒエラルキー組織の「マネジメント」とかGDL(ゴルフ、ディナー、ランチ)とか、多分10年後には殆ど不要なものなので、今から容赦な…

ストックコンテンツの時代

Amazonプライムのオリジナル・コンテンツが急速に充実してきてて戦慄。日本オリジナル・コンテンツもグローバル・コンテンツも充実しまくり。Amazonのドル箱は、AWSとプライムだから、プライムへの力の入れようは半端ない。コンテンツで圧倒して、ある日サブ…

キャッシュレス減税?

北海道の地震で北電が長期ブラックアウトした時に「キャッシュレスの脆さが露呈した」とか言っている人がたくさんいたけれど、ブラックアウトする電力インフラがまず問題なのであって、むしろQRコードがあればスマホだけで支払いができる分散型決裁システム…

アルコールやめた時点で勝ち

軍国社会の鉄の常識は未だめちゃくちゃ強い。 季節を取り入れた愛情たっぷりの手料理を習おうと、ガラス張りの料理教室にたくさんの人が夜な夜な集まってるのを見ると、昭和の「おふくろの味」プロパガンダはまだまだ根強いんだなあと思う。 しかし事実上オ…

思考停止のやばい人が大量にいる

新幹線と在来線がひっきりなしに往来する線路の近くで、しかも川沿いの土地に鉛筆みたいな戸建て建売住宅が新しく建っていて、その前を通る度にこんな物件誰が買うのかなと思ってると、そんなに時間が経たないうちに誰かが住んでいて驚く。売れているのだ。 …

目をかけない、耳を貸さない

相手の話をよく聴くことを「傾聴」と言うけれど、「傾聴」するだけで、相手は自分の話をよく聞いてくれたと認識するらしい。コミュニケーション力の初歩は、相手がこちらに発話を求めるまで話し始めない──たったそれだけのことでOK。 最近私はICレコーダを一…

人間はビースト、餓鬼畜生

この前の「ザ・ノンフィクション」でクルージングのお見合いパーティに参加する男女を追いかけたドキュメンタリーを観た。 横浜から青森を往復する客船の旅に参加する女性は面接を通過すれば無料で参加できる。女性達の旅費は全て参加する男性が支払う寸法で…

国民国家のプロパティ

NHK職員として得た絶大な知名度を、独立と称してマネタイズする行為はさもしいと感じる。特に何かの専門性がある訳でもなく、国民としてはクソな法律で受信料を毟り取られるから、仕方なく元を取る為にNHKや民放を観ているだけで、別にジャーナリストでもな…

軍国システムの機能不全

現品はメルカリで売り払い、Evernoteに写メした『ホモ・デウス』をちんたら読んでいるのだけど、あ、そうかと思ったのは、人類がこの数十年であまり戦争をしなくなってきた理由は、人類がなにも「鳩」化したのではなくて、テクノロジーを使って、戦争以外の…

不敬の時代

タメ口で話しかけてきた知らないオッサンにタメ口で返すとオッサンはほぼ確実にバグる現象について - Togetter サウナには沢山の団塊世代がいるんだけど、だいたい素行が悪いので、いっさいコミュニケーションしない。汗流しカットするのはだいたい彼ら。私…

生活のインテリジェンス

セブンのプライシングをよ〜くみると、セブンの相場からみて相対的に安い品目があることに気づく。 安いのは、競争対抗商材である。例えばホットドッグ、これは多分ドトールに対抗するために安い。チーズバーガーもマクドナルド対抗で安い。それに比べるとサ…

朱子学カルトからの卒業

ひも靴はもう買わないと決めていた。結ぶ→解くの時間がめんどくさ過ぎ。でも、「キャタピラン」という画期的な靴ひもを知って、普通のスニーカーも選択肢に入れられるようになった。 これ、一度使うと一般的な結ぶタイプの靴ひもには戻れない。 全ての靴が、…

アルコール戦争

酒を愛する人、酒の強い人が社会的に尊敬されてしまう頭のおかしな国、ニッポン。安上がりなフードポルノ番組では、小汚い酒場が人情味溢れるあたたかい場所と捏造され、「朝から飲める」だの「千円でベロベロになれる」だの「放浪のダンディズム」だの、ア…