kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

世情

オッサンはなぜダメか

【要点】 「無料が当たり前」なことがわからない 「非同期が当たり前」なことがわからない 「自律分散が当たり前」なことがわからない ……昨日に引き続き、いまの団塊世代とかバブル世代はどのあたりが具体的にクソなのかを考察したい。次のようなことが丸で…

インディ・コンテンツ

【要点】 日本は米軍の統治下にあるので、AFNこそが公共放送 面白いコンテンツを創り出すのはどんな時代も個人 朱子学カルトとは、個人をいっさい信頼しないシステム なにごともリアルタイム、瞬間の取捨が大切、ダイエットするなら運動とか食事記録なんかよ…

人間のロボット化の歪みは、若者へ

【要点】 10代の8割がiPhoneを所持している いまの子どもたちを見るにつけ、日本は病理のなかにある 俺が「もう要らねえや」と捨て始めているiPhoneに必死にしがみつく子どもたちにかけてあげられる言葉がない 人間のロボット化がいまも強力に推し進められて…

似非の仕事ごっこと本物の社内ベンチャー

【要点】 大抵の社内ベンチャー事業はクソなので秒殺される ベーシック・インカムを確保したまんま、PCひとつで内職 それこそが、真の社内ベンチャー 比較的大きな会社って、働き方改革がなんちゃらかんちゃらとか言っているけれど、大体の場合、本業の「金…

「いいね」は要らない

【要点】 ニュージーランドやオーストラリアと、イギリスの関係と、日本と、中国や朝鮮の関係は同じ 元号もまた、中央で廃れたものが辺境に残存しているだけ アイデンティティなんて、神経症の産物であって、要らない 日本民族のオリジナルとは何か、まとも…

中間がごっそり要らなくなる時代

【要約】 カプセルホテルとかゲストハウスの解放感 インバウンド旅行者からすると、クソ狭いビジネスホテルはクレイジー パイオニアとは中間物でしかなかった 二泊三日のしょうもない商旅が終わる。出銭はゼロ円。 旅になると、やたらとお金を使う人がいるけ…

風化ではなくフラット化

【要点】 「いま・ここ・わたし」にしか関心が持てないフラット化 いまではない時制の出来事などどうでもいい フラット化こそが朱子学カルトをぶっ壊す 「カメラを止めるな!」がこの前金曜ロードショーでもうやってて速すぎ! と思ったけど、劇場で観た俺と…

合理をヘイトする国

【要点】 日本人が合理を憎悪するのは、いまに始まったことではない 戦略レベルで合理性を激しく憎んでいる 朱子学カルトによる科学への憎悪は異常 ついに来たな、景気後退の波が。ドドーンと。 1月の景気一致指数、3カ月連続低下 中国減速などで、判断下方…

犬猫と人間

【要点】 いじめのエビデンスがスマホで残るかもしれないということ自体が、いじめの抑止になる 犬猫は人間の代替や擬人化ではなく、劣化肉袋よりも本質的な意味で人間である 子どもに無理に博愛を教育しても、いじめは増え続ける 小中学校もスマホがOKにな…

統計も個人も出鱈目

【要点】 統計の対極にあるのは個人だけど、個人もまた劣化極まれり 出鱈目な個人が、出鱈目な統計を捏造する 沖縄のレファレンダムも結果なんて最初からどっちでもいい、つまり出鱈目 行政による統計がかなり出鱈目だとわかって、それはつまり日本国民の実…

日本でスモール・リトル・トーキョーではない場所

【要点】 始発の山手線には相変わらず泥酔者が乗っているのに驚く どこへ行ってもスモール・リトル・トーキョーならば、わざわざ金と時間を使って出かける必要もない 米国によって暴力で塗り替えられた都市だけが、今でも東京と隔絶されている 最近国内の出…

人類は地球のがん細胞

【要点】 人類とは堕落するもの 人間の身体にとってのがん細胞と、地球にとっての人類は、相似する とてつもない恐怖が人類を襲うような気がしてならない ようやっとメルカリペイがリリースされた。iDを経由して払うようで、メルカリでものを売ったりして得…

センスメイキングできないおじさん達

【要点】 何もかもを自分の立身出世や殖産興業にとって「役に立つか立たないか」に還元してしまう「心の病」 政財官学なべて、意味よりも損得一辺倒のクソ社会に成り下がった センスメイキングできないおじさん達は、世界からも若者からもスルーされつつある…

バカッター騒動の本質

【要点】 やばい人間を雇用してしまうリスクは、日本のように解雇規制が強い国てはとてつもなく高い しょうもない朱子学カルトの承認欲求を封殺するために有効なのは、不要な「強いつながり」の解体である 学校だけでなく家族という「強いつながり」も、もっ…

インテグリティかEXITか

【要点】 森友に加計に統計すべて偽装 「悪の凡庸さ」で犯罪的に劣化している組織からは、抜けやすい人からどんどん抜けるべき もはやインテグリティかEXITかの二者択一なのである 金曜日「荒川強啓デイキャッチ」の宮台真司先生をradikoで聴きながら土曜日…

最新映画も自宅で観たいという巨大ニーズ

【要点】 映画館もかなりの確率でハズレ人間が近くに座るので嫌になる。 最新映画も、映画館で支払う金と同額支払うから、自宅のテレビにdeliveryして欲しい。 『ボヘミアンラプソディ』はも1回観てもいいかなと思ったけれど、結構重要なポイントが史実と違…

悪の定義をアップデートしなければ

【要点】 思考停止しているあらゆる人間にとって、アンケートとは出鱈目であり単なる仕事ごっこに過ぎない 人間であることを拒絶した悪 思考停止人間による朱子学カルトこそ、人類の巨悪 「米軍74年」の2019年も、はやくも12分の1が経過してしまい、旧正月の…

ブラックリストではなくホワイトリスト

【要点】 ホワイトリストがあれば、かなりラクになる。 そのホワイトリストが合わなくなってきたら、ホワイトリストをそっと変えればいい。 ホワイトリストの対人関係とは、生きている人間だけではない。 バッヂ処理、つまり後でまとめて処理しようとするこ…

ソロリーマンの生活

【要点】 新聞の部数がわずか一年で222万部も減っているらしい。 ただ俺は、新聞なんて読んでなくても丸で困らない時代は、素晴らしい時代だと思う。 言わば「ソロリーマン」である。 新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた(磯山 友…

『働き方1.9』(ヒロシ著)の感想

【要点】 テレビに出ない=落ち目という連想。 ヒロシのこの本、とてもためになった。 彼が新しい非線形の成功を掴み取ることがなぜできたか、この本を読むとよくわかる。 まずは安室ちゃんの話をしたい。 安室奈美恵、独占ロングインタビュー! 平成史スク…

Sobrietyという未来ビジョン

【要点】 あるといいかもなと思うのは、アルコールをやめるための1週間ぐらいの合宿ツアーのようなもの。 要するにアルコールというのは、アルコールを飲む前には十全に機能していた「全体性」をそっくりそのまんま別の「全体性」に書き換えてしまう。 日本で…

現代ネアンデルタール人度チェック

【要点】 俺が最近気に入ってやたらと使っているアナロジーが「ホモ・サピエンス対ネアンデルタール人」の対立構造である。 現代のネアンデルタール人に育てられたガキのほとんどは、殲滅対象としてのネアンデルタール人確定のはず。 同じ会社の中でぶった斬…

スマイルカーブ現象について

【要点】 例えば自動車産業は、これからどんどん組み立てプロセスの付加価値が減ってくる。 クルマを売る、特に新車を売ることに最適化したいまの自動車産業は、クルマを使うことが付加価値への転換に丸でついていけてない。 組み立てプロセスがごっそりロボ…

サブウェイはなぜダメか

【要点】 FC破産→休業に追い込まれたサブウェイ店舗に今日行ってみたら、当たり前だけど本当に休業してた。 トースターをなおす資金繰りも厳しかったのだなあと、染み入る。 マーケティングがクソ 。 外食産業を追う報道系ドキュメンタリは、つくりがどんど…

老害列島

【要点】 セブンで買うのはサラダチキンばっか。 セブンに行ってもそれしか買わないので、俺にとってのセブンの役割は、どんどん低下している。 セブンでクレカ決済しようとする度にICチップが付いていないことを店員に言うのがめんどくさい。 サラダチキン…

キリスト、ムンク、Google

【要点】 ムンクとは、神の死後にこの世界を生き惑う人間を洞察したアーティストである。 Googleは人間の本性を知っている。 ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性 。 早起きして上野へ。今月20日までのムンク展を観る。三文の得で「叫び」も混雑する前に…

ポスト米軍時代を占う

【要点】 変わることなく判で押したような生活が続く。 次は「移民」が来て日本は何かに変わるかもしれない。 沖縄に限らず日本のあらゆるサプライチェーン、バリューチェーンに「移民」が組み込まれつつある。 サウナ初めでいつもの銭湯に行く。今日あたり…

こんまりのビジョナリー

【要点】 こんまりのすごさは、断捨離に明確な意味をつけたことだと思う。 こんまりは、「ときめき」という未来からやってくる価値やビジョンを見つけたことで、無駄の特定ができるようにした。 片付けという一見すると即物的な行為に、ロマンティックなビジ…

政治空間からの撤退

【要点】 政治空間がどんどん貨幣空間に溶け出しており、貨幣空間では容赦のない市場原理が優勝劣敗の競争を繰り広げている。 政治空間では通用するプロパガンダの言葉も、貨幣空間では完全スルーされてしまう。 政治空間はますます干上がって行くだろう。 …

平成に置いていくもの

【要点】 一月は酒をやめるチャンスである。 そのプラットフォームを毀損されている状態からのリカバリは、人間としての自由、尊厳を取り戻すことである。 平成に、アルコールを置いていこう。 「ドライ」って、極東の日本ではなぜか団塊の世代向け某ビール…