kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

ネット

人類は地球のがん細胞

【要点】 人類とは堕落するもの 人間の身体にとってのがん細胞と、地球にとっての人類は、相似する とてつもない恐怖が人類を襲うような気がしてならない ようやっとメルカリペイがリリースされた。iDを経由して払うようで、メルカリでものを売ったりして得…

生きる意味も持たない自由

【要点】 俺は会社を辞めたいとも、いつか辞めてやるとも思っておらず、既にもう辞めている オピニオンはあるけど、誰かの意見なんて丸で聴こうと思ってない 多くのホモ・サピエンスが悩む必要のないことで悩んでいるのではないか 去年の今頃はインフルエン…

インテグリティかEXITか

【要点】 森友に加計に統計すべて偽装 「悪の凡庸さ」で犯罪的に劣化している組織からは、抜けやすい人からどんどん抜けるべき もはやインテグリティかEXITかの二者択一なのである 金曜日「荒川強啓デイキャッチ」の宮台真司先生をradikoで聴きながら土曜日…

社会人からのEXIT

【要点】 団塊ジュニアは、ほんとに日本という朱子学カルトシステムによる被害者の世代だと思う。 朱子学カルトからのEXITは早ければ早いほど良いと思う。 EXITのデメリットはほとんどない。 「ヒロシです」のネタが1時間の長さで編集されてるYouTubeがあっ…

ガラパゴスの耐えがたきしょぼさ

【要点】 クィーンの楽曲はサウナ向きであることが判明。 恵方巻きも超絶しょぼいガラパゴスなので恥ずかしいからもうやめて欲しい。 混ぜ物だらけのビールをおいしいおいしい連呼するのも、ガラパゴスのしょぼさ炸裂。 YouTubeにあるクィーン楽曲まとめをMP…

レッツノートでトリテキする人々

【要点】 トリテキなんて機械にやらせろよ。 新聞の衰退はメディアの衰退ではなくコンテンツの衰退。 新聞とは、小利口な生真面目が必死にトリテキして、団塊老人が読む加齢臭の同人紙になりつつある。 嵐活動休止をぶっちぎりのトップニュースで伝えるNHKっ…

ブラックリストではなくホワイトリスト

【要点】 ホワイトリストがあれば、かなりラクになる。 そのホワイトリストが合わなくなってきたら、ホワイトリストをそっと変えればいい。 ホワイトリストの対人関係とは、生きている人間だけではない。 バッヂ処理、つまり後でまとめて処理しようとするこ…

中華イヤホンのすすめ

【要点】 中華イヤホンの音質コスパは想像以上で、驚くべきものがある。 SONYの高級イヤホンと聴き比べてもそんなに遜色ない気がする。 有線イヤホンを検討している方にはオススメしたい。このイヤホンが2000円ちょっととは。 KZ ZSN 重低音 イヤホン 1BA+1D…

忙殺、忍耐、忘却

【要点】 「耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ」ことを徹底的に訓練しようとする。 忍耐を厭わぬ人間とはつまり損な役回りを引き受ける弱みを持つ人間なので、酷使して褒めそやす。 彼らは忙殺、忍耐、忘却を徹底することで、人間を生かさず殺さず制圧、統治し…

予定不調和の時代に

【要点】 工業化時代なら丸くおさまったはずのことが、思いもよらない要因で横槍が入りうまく行かなくなり、頓挫する。 あらゆる階層で組織ぐるみの「陳腐な悪」が蔓延しており、いよいよその悪が隠しきれなくなりつつある。 オウムも日本国もファシズムとい…

恵方巻きにあやまれ

【要点】 ファシズムとは別に政治的な闘争でなくても、コンビニの恵方巻きでも機能するのである ノルマを競わせる材料はなんでもいいのだ 恵方巻きにあやまれ! 初詣も除夜の鐘も捏造なのだから、当然恵方巻きなどもまともな文化風習とは言い切れず、全国で…

万人に対する闘争

【要点】 人間は人間が好きではない。 人間は社会をつくりたくない。 これからは、公共性を待たない人間が主流になるかもしれない。 人間が怒り・ねたみ・あるいは何らかの憎しみの感情に捉われる限り、その限りにおいて人間は、種々の違った方向に引きずら…

データがぶち壊す権威

【要点】 価値の高い言葉には、高い値段がつく。 最近は「言葉の乱れ」への説教がされなくなった。 データを集めて読み取り、データに基づき意思決定することが大切である。 文系・理系という分け方は、右脳・左脳とか血液型や星座占いとおんなじくらい無意…

マウンティングのない社会へ

【要点】 上にいる人間がやたらと全力でマウンティングしてくる。 会社そのものがマウンティングでできているので、マウンティングをなくしてしまうと、それは会社ではなくなってしまうのだ(笑)。 これから日本でも、ありとあらゆるマウンティングかなくな…

箇条書きだよ人生は

【要点】 箇条書きのことを英語でBulletという。 箇条書き冒頭に打つ「・」が弾丸みたいで、Bulletと呼ばれるようになったのだろう。 俺は、朝早く起きてひたすらBulletを打ち込むようにしている。 箇条書きのことを英語でBulletという。 弾丸の意味だ。箇条…

マンスプレイニング mansplaining

【要点】 説教したがる男たち 。 ずばり「マンスプレイニング」という概念である。 とことん変わるべきは、老害のおっさんである。 レベッカ・ソルニット「説教したがる男たち」がようやっと図書館で借りられたのでちんたら読んでいる。 エセー集。来年の日…

今年買って良かったもの7選1/2

【要点】 「シロモノ」と呼ばれるカテゴリの最大の特徴は「クロモノ」家電とは違ってスマホに飲み込まれないこと。 シロモノ家電は、ホットクック(シャープ)やルンバ(iRobot)などの時間短縮やマルチタスキングを推進する時間価値イノベーションによって…

プラットフォームからコンテンツへ

【要点】 Netflix申し込んだ。視聴一発目としてまずはNetflixでしか観られないRomaという作品を観た。 Netflix配給作品、ベネチア映画祭でワールドプレミア上映されて、12/14から全世界のNetflixで公開されている。 質の高いコンテンツが、劇場よりもNetflix…

4400円で何が買えるか?

【要点】 読売新聞が購読料を値上げするらしい。 4400円で何が買えるか? プライシングには、ざっくり分けてコストを積み上げていく考え方と、顧客の納得するバリューから判断を下す考え方があるんだけど、コストの積み上げでプライシングするのはもう無理じ…

定期券やSuicaは単なる前払い

【要点】 定期券もSuicaもあれはなぜか当然のように前払いである。 Suicaを使うくらいなら、後払いのQUICPayを使うし、Suicaしか使えないのなら現金払いを選ぶ。 定期券なんて仕組みは、そもそも海外にはない。 市場がまだ島国で閉じているうちは、土管屋と…

フランスの暴動に思う

フランスの暴動で、みんなが着ている黄色のベストは、クルマが故障した時に追突や巻き込まれないために着用するように車載がフランスの法律で義務付けられており、クルマを持っている人なら必ず持っている衣服で、今回は燃料の課税への抗議だからみんなが着…

すべて炎上マーケティングでしかない

お笑いタレントは売れるとめちゃくちゃ儲かるのだろう。毎年この時期になると各局で漫才やコントのグランプリやコンテストが行われて、その優勝者が年末年始のテレビ番組に出まくる。 こちとらは当該コンテストなど‪端から‬観ていないのでいきなり「人気者」…

書くように話すこと

音声入力による効率化の試行錯誤をいろいろ繰り返しているなかで、自宅以外で心置きなく音声入力できる方法をさぐっている。早朝の自宅での1時間の入力ができれば、それ以上言葉にしたいことはないのだけど、時々思いつきまくる時があり、小一時間オフィス近…

「録れ高」こそ価値になる

カルビーからライザップに移籍したプロ経営者の松本晃さんは、「ノーミーティング、ノーメモ」と言っていて、ムダな会議はやらないし、メモは取らないという。つまり口頭ベースの短期記憶で判断や処理できるシンプルな情報を重視している。ホンダも、出席し…

立ち書きスタジオ

寺山修司生前の書斎写真が好きで、どこがいいかというと、あんまり作家っぽくなくて、どっちかと言えばビジネスマンっぽいところ、とてもシンプルなところがいい。 寺山修司の手書き原稿はとても几帳面で、書斎にもその几帳面さがよく出ている。彼は残念なが…

楽しさ、良心、合理性

ブログなどの文章を書く際には、キングジムのポメラというテキスト入力に特化した、枯れたデバイスを使っていたのだけれど、Simejiの音声入力がとてつもなく便利になっているために、ポメラはメルカリで速攻売却(かなり高値で売れた)して、Androidタブレッ…

Together and alone

暇に任せて図書館で『文藝春秋』12月号の五木寛之による寄稿文を読む。記事の高齢化(団塊化)が進んでいて、自腹で買う気がしない。 【特集】「孤独」のすゝめ 人生百年時代の「極上の処方箋」 五木寛之 「ひとりで死ぬこと」の幸福論 (『文藝春秋』十二月…

周回遅れ

2020オリパラ大臣がなんでサイバーセキュリティ担当を兼務するのかよく分からないけど、桜田大臣が答弁でPCを使わないと言ったことから国内外でどよめきが広がってる。 「桜田五輪相はシステムエラー」海外メディアが皮肉次々:朝日新聞デジタル つい先日も…

自己申告の多くは嘘

街中をうろつく人間が、やたらタバコを吸う人間ばかりなのは気のせいだろうか。最近は喫煙所も規制されて、どんどん街の片隅に追いやられており超絶メシウマではあるが。 日本の喫煙率はJTによれば今年2018年の調査で17.9%という数値なのだけど、かなり嘘く…

エコーチェンバー現象考

人間の視野や世界を広げてくれると考えられていたインターネットは、逆に視野や世界を限定したり、閉鎖したりする装置になりつつある。いわゆる「エコーチェンバー現象」である。エコーチェンバーとは、もともとは音楽録音用の残響室のことである。 インター…