kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

立身出世の終わり

「会社」と「社会」という言葉をつくったのは福沢諭吉だけど、さすがに百年も経てば会社とか社会という当時の和魂洋才にもはや意味はなく、市場という弱いつながりで、個人として生きていくのがこれからの生きる道だとすると、いまさら会社や社会という同調や相互監視を前提とする強いつながりのなかで歯車として生きていくのは、もう心底かったるいなと思う。

福沢諭吉が生きていた頃の会社や社会という概念は何を目的としたものだったか、よく考えてみると結局のところ、立身こそが、その目的だったと思うのである。

立身ということが、明治以降の日本資本主義の一種の刺激剤だった。ある種の封建的な身分社会の中で身を立てなければ、自分の言い分も通らないし、家族も幸せにできなかった。立身こそ輝ける目標だったと思う。しかしもはや立身も輝いていない。このことは日本的経営が時代に遅れ始めているということの証拠だ。立身がただ一つ、なぜ輝いていたかと言えば、分配のシステムがなかったからだ。日本の企業社会がもし本当に公平で公正な分配システムを築いていれば、立身だけにしがみつく必要はない。(「『会社本位主義』をどう超える」奥村宏の発言から)

この本が発刊されたのは1992年のことで、もうこの時点で立身の限界が指摘されているのである。封建的な身分社会においては、立身は社会や会社というヒエラルキーに従属することによってしか開かれなかった。

しかし日本の経団連的な、ものづくりという封建身分制度は、インターネットを前提とするグローバル資本主義や脱工業化でほとんど壊れてしまった。これから立身したいなら、会社や社会という封建制度ではなく、市場というメカニズムで頭角を現す必要がある。

時間は未来から現在、現在から過去へ向かって流れているのだから、未来に存在しない、必要のないものは、‪どう考えても流れてこない。当然の理である。現代の若者が会社で偉くなることを志向していないのは、当然である。これから会社で仮に肩書きが偉くなってもほとんど立身しないからである。政党や官僚や企業や大学などの封建制度を維持するためのプロパガンダやヒエラルキーは未来にはない。なぜなら立身出世というインセンティブが働かないからである。

さっき引用した本を読むとかなり驚いたことに、1992年時点で過労死や働き過ぎや同調圧力と言った現在でも社会的な課題、日本的な経営の宿痾として指摘されていることが、30年前に完全に出尽くしているのである。未来には確実に存在しない封建システムという過去のものに、今更付き合っても徒労ではないかと思ってしまう。

日本においては立身とアルコールが密接に結びついている。立身というインセンティブが機能していないのなら、アルコールなどというただの服毒行為は、当然機能しないのである。

とある商社では会社の飲み会や接待は一次会で終わりにしようという運動がいまだにあるらしいけれど、経営層が本来言うべきは、酒と仕事は関係ないので飲み会はもうやめ、である。

呑みュニケーションが立身と結びついていた過去の過ちをたださないと、生産性は向上しない。このブログで何度も言っているけど、ホモ・サピエンスという動物は一度酒を飲んだぐらいでは決して互いを信用したりしないのである。立身のために酒を飲むことは、立身を言い訳として酒を飲むことで、そっくりそのまんま時間と金の無駄である。

エコーチェンバー現象考

人間の視野や世界を広げてくれると考えられていたインターネットは、逆に視野や世界を限定したり、閉鎖したりする装置になりつつある。いわゆる「エコーチェンバー現象」である。エコーチェンバーとは、もともとは音楽録音用の残響室のことである。

インターネットという「遍在」のための道具が、「偏在」のための道具に変質している。自分にとって好都合な情報しか許さない情報空間を、SNSでは簡単につくることができる。

しかしながら、エコーチェンバー現象なるものは別にインターネットに限られたことではない。最近の地上波テレビなどはかなり重度のエコーチェンバーだろう。情報の送り手サラリーマンがとにかく誰にも怒られずに視聴率だけが高くなる方法をひたすら考え続けていて、その結果が壮大なエコーチェンバーになっている。

アルコールの介在する人間関係、いわゆる呑みュニケーションも、底なしに無益でありながら極めて強力なエコーチェンバーである。特にアルコールを飲むために頻繁に集まる人間関係は、本質的にはアルコールという麻薬を正当化する虚偽虚構(快楽目的を転嫁する理由)なのだが、アルコールを渇望する本能があまりにも強力過ぎて、ある種の共同幻想を作り上げてしまう。会社の飲み仲間がよく特定上司や同僚の悪口をひたすら吐き続けるのは典型例である。共通敵をつくることで友の感覚、仲間意識をつくる。

優れた飲み屋のマスターやキャバクラ嬢も、太客との強いエコーチェンバーを構築するのが巧みである。共通の嫌いな奴らや敵をつくりだし、共に彼らに立ち向かう構図を上手につくりだして、何遍も店に通わせて、マネタイズを最大化するのが上手い。常連にしか分からないルールをつくり新参者を排除して、常連を優遇するような飲み屋もたくさんある。

さらに言えば(これは異論があるかもしれないが)禁酒会のような脱ドラッグの自助組織もかなり強いエコーチェンバーである。

「お酒をやめることはとてもむつかしく、我々は困難に立ち向かう戦士たちなのだ」というシンプルで強い虚構がつくられる。しかし強い意思で一日また一日と酒を自分に禁じて生きていくことはいつまで経っても不幸なことで、アルコールにはそんな価値、本来は1ミリもないのではないかと思う。

「アルコール依存症は一生治らない病気である」といったマントラそのものが、強い意思でドラッグを克服しようとする集団による洗脳やエコーチェンバーなのではないかとさえ思ってしまう。

『禁酒セラピー』に、

人を殺すこともできる毒物に依存していると感じている人が人生を楽しめるはずはありません。

という文章があるけれどまさにその通りで、意思で無理矢理酒を止めようとしている人は、心のどこかで、アルコールをポジティブに捉えており、アルコールを強く禁じ合う人間関係もまた一種のエコーチェンバーになっているのではないか。

俺はもう仮に酒を酒と知らずに口にしても大騒ぎすることなく、特に吐き出したりもせず、次の瞬間から引き続き自ら飲まない人生をのうのうと続けられる。飲んだら最後、また依存症に逆戻りと、いうステレオタイプの恐れを全く持たないのである。

ゴミは捨てたほうがいいし、毒は入れない方がいい、単にそれだけのことではないのか。アルコールの魔性を少しでも評価しているから苦しいのである。無理して禁酒するつらみが増幅する断酒会、禁酒会には、まったく参加したいとは思わない。

 

 

新聞と軽減税率

テレビやラジオ番組に新聞記者とか通信記者とかが偉そうに出ているけれど、もはやほとんどいらないのではないか。じつは民主制ですらないこの国民国家において、彼らみたいなただのサラリーマンによる似非民主制の見立てや見解なぞ、冷戦が30年前に終わってる日本では丸で一聴にも値しない。そもそも歳をとっただけの冷戦期人間によるポジショントークなぞ全く価値がない。

ICレコーダーを仕込み、密かに一日中録音しておいて、そこに録音されているから今は何にも聴かなくていいや──と年長者や年寄りの一切の戯れ言を完全スルーしている。彼らの言っていることなど、録音してもあとでサルベージすることなど全くない。つまりほとんど価値がない。

政府が軽減税率を導入したい本当の理由は何?(増澤陸) - 個人 - Yahoo!ニュース

来年には消費税が10%に値上げされる予定で、なぜか新聞には「軽減税率」が適用されるようになっている。新聞は生活必需品と考えているようだけど、そんな認識、ちゃんちゃらおかしい。生ゴミを包んだり犬猫のトイレに古新聞が必要なら、Amazonで大量に刷って宅配もされなかった「押し紙」が売ってるから買えばいい。印刷されているコンテンツの方は、どう考えても生活必需品でもなんでもない。

最近では暇な老人が毎日図書館に行き、新聞を読む順番で小競り合いをしているらしいけど、そもそも新聞をありがたがって読むこと自体が、単に時間の浪費でしかない。

新聞の購読料は月4000円前後だけど、そのコストによって手に入るコンテンツとして新聞には全く価値がない。無理やり活字に組み込んでいる情報はほとんどが二次情報、三次情報であり、「アンフリー(Unfree)・ジャーナリスト」が自分の足で取材した一次情報はほとんどない。記者クラブで裏を取ることしか出来ない封建制集団である。つまりただのサラリーマンである。サラリーマンが上から外から怒られないように、少しでも上から外から覚えめでたく立身出世できるようにと、会社の上層部や会社の上層部が恐れている権力者に怯えて書いている文章など、一読の価値もない。

図書館で小競り合いをしながら読む新聞などは、タダより高いものはないのだ。まあ新聞はそれでも読みたければ図書館で無料で読めばいいが、NHKは自宅に受信機があれば法律で受信料を支払わなければならないという、世界にも類を見ないとんでも搾取がまかり通る。固定費とは人頭税であり、人頭税とは並べて泥棒である。

新聞購読料とNHK受信料を足せば6000円以上になる訳で、こんな無駄な負担を毎月平気で支払うことのできる人々は極端に減っている。

新聞にしろ、NHKにしろ、アルコールにしろ、余計な固定費を出来るだけ支払わないで生きていくのがこれからのスタンダードである。

アルコールをやめるのに意思はいらない。これと同じように、新聞購読をやめるのにも、テレビを廃棄して受信契約を無効にするのも意思はいらない。

毒やゴミを棄てることに意思はいらない。新聞にせよNHKにせよアルコールにせよ、いくらかは有益なのだと洗脳されているだけで、本当のところは毒でありゴミなのである。

そのことに気づいた人から自由になる、それだけのことだ。

固定費は泥棒

コンビニ店長ほど死んでもやりくない仕事はない。絵に描いたような名ばかり自営業。本部から容赦ない指図を受けた上に、驚くほど裁量権がなく責任ばかり負わされ、最悪なのは、ほとんど儲からない。

人件費が高騰しているので自分が働かなければならず、やればやるほど疲弊する。コンビニ業態はオワコンであって、アルバイトを管理するのも徒労である。

しかも実態はアルコールの水道であり、人間を不幸にする商売。その証拠にもしコンビニで酒販が規制されたら、殆どのコンビニが立ち行かなくなる。

酒を野放図に売っても全然儲からず、人間への不信感が募り、徹底的な吝嗇で臨まないと生きていけなくなるので、この写真のコンビニのように敷地内の水道水も勝手に使われないように、蛇口を取っ払う。ここで水を飲むならコンビニで水を買いなさいということだ。

f:id:Mushiro_Hayashi:20181111175007j:image

いずれにしても俺はもう、人間を雇って管理しなければならない仕事は心底やりたくない。機械が洗練されればされるほど、労働者の技能は衰えていくし、何と言っても人を雇えば必ず不良な人員が紛れ込む。コミュニティとかサロンなぞも、会社という封建制度の縮小再生産でしかない。

面接では生真面目で大人しいフリをしていても、いざ採用となればとんでもない悪さをしでかす人間は一定量存在する。過酷な生存競争を知能とエゴイズムで生き抜いてきたホモ・サピエンスとはそのような動物なのである。更に、日本ではいざ雇うとなかなか解雇できないので、人件費という固定費をかけるいかなる仕事も‪端から‬無理ゲーである。

さらに言えば、毎月なんらかの賃料を支払わなければならない仕事はできるだけやりたくない。人件費も賃料も固定費であり、固定費とは結局のところ単なる泥棒である。

従業員に金を支払うかわりに、そいつに命令して言う通りにさせることは結局、相手の恨みを買う。ホモ・サピエンスは基本的に獰猛、強欲であり、他人から命令をされるとどんなに穏やかな表情を装っても心中は敵愾心に満ち溢れるのである。

高度経済成長期に長期安定雇用が実現したのは、別に何にも貢献していなくても、いるだけで給料が上がっていくシステムだったからで、格差をつけて他人を顎で使い倒せば、下々からは忌み嫌われること必定である。だから俺は絶対に、他人を雇う事業はやらない。

これからの仕事とは、端的に言うと原則として固定費のかからない仕事である。例えばポップアップ・レストランである。料理人が固定の店を持つのではなく、期間限定で店をオープンする。SNSで自由に告知ができるし、余計な固定費を一切抱え込むことがないので、損益分岐点も劇的に改善される。ポップアップ業態はレストランだけでなく、書店や雑貨店や喫茶店などに応用が可能である。

さらに言えば、映像制作業も編集スタジオなど特に自前で持たずしてもはやいくらでも作ることができるし、つくったものをインターネットに好きなように発表できる。

出版なども出版社や取次店を中抜きしてダイレクトに電子書籍を簡単に売ることができるし、わずかなコストでプリントオンデマンドも可能。Amazonで紙の本を売ることすら可能になりつつある。注文があってから紙の本をワンオフで印刷して顧客に届けるサービスも存在する。

映像制作会社や編集プロダクションが立ち行かなくなっているのは、収入に見合わない固定費という泥棒に惰性で金を支払い続けているからで、余計な人件費や事務所代などの固定費を使わなければ良いのである。

逆に言えば、人手不足だから移民受け入れと大騒ぎしている経団連は、人件費という固定費をかけ過ぎているので、世界景気が悪くなったらすぐに行き詰まる。アホみたいに固定費を抱え込んでいるアホな商売は、これから必ず行き詰まる。

 

 

 

 

 

 

 

「第2の農業」の終わり

昨日金曜の荒川強啓デイ・キャッチを聴きながら掃除、洗濯などの家事。冬に向けてホットカーペットを引っ張り出す。

日本やアメリカの『ネット世論』を読み解くキーワード『非マイノリティポリティクス』とは何か?

米国中間選挙に絡めて「非マイノリティポリティクス」について(上記サイトから当該音声も聴ける)。

「非マイノリティポリティクス」とは要するに、非マイノリティによるマイノリティに対する被害妄想やヘイトである。

例えば「LGBTは生産性がない」や「在日朝鮮人が日本の社会保障予算を不当に食い物にしている」といった意見表明であり、つまりは「マジョリティである我々よりもマイノリティの奴らが優遇されててずるい!」という主張のことである。

米国のレッドネックによる移民排斥の動因がこの非マイノリティポリティクス。

共和党政権が中間選挙前に、米国に向かっている移民集団に対処するために米軍約5200人をメキシコ国境に派遣するのは、共和党支持者の非マイノリティポリティクスを利用した点数稼ぎだったのではないかと俺は思う。

非マイノリティポリティクスがなぜ先進国の至るところで吹き上がるのかを考えると、本質的には、先進国の中間層が消滅課程にあることが真因ではないか。

工業とは、同じ場所でみんなで一斉に協力してモノをつくるという意味では、「第2の農業」なわけで、大量生産の為には農業以上に安くて勤勉な労働者が大量に必要である。

戦後の後期工業化社会は大量の工場労働者を必要としたけれど、資本のグローバルな移動によって、世界の安価な労働者が調達できる地域に、どんどん移動してしまう。

そうして工業労働が不要となった米国など先進国の中間層は少しずつ仕事を失い、没落していく。そうなると、めらめらと燃え上がるのが、非マイノリティポリティクスなのだろう。

ただ残念ながら中間層の没落はこれからどんどん加速する。これまでは、賃金の安い発展途上国の労働者が先進国中間層の仕事を奪う構造だったのだが、これからは人間の工業労働者の仕事の多くをロボットが奪う構造になるので、中間層の衰え方はますます酷くなる。

かつて農業従事者は都市に出て工業労働者になることで工業化に適応できた。戦後日本の経済成長は、工業化が農業と親和性が高かったから上手くいったのだけど、ポスト工業時代には第2の農業のままだとぜんぜん適応できない。

マイノリティを逆恨みしたり排斥しても時間と労力のムダ、何の解決にもならないのである。そんなことよりも中間層向けの三つの麻薬から一刻も早く自由にならないとまずい。

第一の麻薬は、ナショナリズム(日本では朱子学カルト)のプロパガンダである。国民国家と中間層の蜜月時代は終わった。中間層の代表をいくら国会や議会に送り込んでも、彼らの敵は国境の向こうにいるのだから、時間のムダである。

第二の麻薬は、アルコールである。アルコールは中間層ガス抜きの安価な徴税ドラッグに過ぎず、損をするのは120%、麻薬を投薬される側である。

第三の麻薬は、消費による幸福である。たかだか他人に使われる立場の人間が、どんなに必死に金持ちの真似事をしても決して幸せになれないことに気づくべきである。