kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

朱子学カルトのリーダー論

最近、50代まで勝ち抜いたおっさんがむりくり辞めさせられて晒し者になるケースが増えている。大企業とか財務省だけじゃなく、あちこちで似たような引きずりおろしが起きてる気がする。

いま50代後半ってことは、ちょうど日本がバブルへと向かう時代に社会人になった人達なんだけど、最近TVに映るエリート階層の態度をみてると、やっぱりパーフェクトに朱子学カルトだなあと思う。

団塊世代が中間管理職だった頃の新入社員だから、団塊世代の薫陶を受けた各位だけに、みんな受け答えがハキハキしてる。反応が早い。とにかく明るく元気じゃないと出世できない。

社会人の最初の10年をイケイケの好景気で通り抜けたから、TVに出てくる彼らから推察するに、かなりノリが良さそう。きっと部下と一緒にいる時は、ちょっぴりエッチな話題も「言葉遊び」として楽しむリーダーなんだろう。この数年でちょっぴりエッチな「言葉遊び」が相手に録音されて晒される時代になっても、もはやノリというよりはアイデンティティだから、修正できない。

組織運営やリーダーシップに、まだまだアルコールがつきものの世代。酒宴と政治が密着していそう。冷戦期は経済がひたすら成長していたから、特別に難しい問題もなかったろう。のうのうと酒飲んで鍔迫り合いしてれば、アルコールの抜けない頭でもなんとかなった。

でも最近の仕事は、物凄い複雑な関数をとかなきゃならないから、毎晩飲んでたら仕事にならない。

組織は60年で腐ると言われる。明治維新から約60年で敗戦、敗戦から約60年で経済的敗戦、そしていま、政官財の朱子学カルトリーダー達が総崩れになっている。