kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

ノンアルコールのサウナ考

なんだか矢鱈と寒い日が続くせいもあって、ここのところ近所の銭湯にハマっている。移動が嫌いな私にとって、熱海や箱根でも遠くてめんどくさい。

私の愛用する銭湯は黒湯天然温泉で、熱湯とぬる湯があり、更には炭酸泡風呂まである。更に、スチームサウナは無料。別料金でドライのサウナもあるのだが、スチームサウナが極めて優秀、強力で、わざわざ有料サウナに入る必要もない。

有料サウナには有線放送みたいな音楽がずっとかかってるけれど、スチームサウナは無音。黙考には最高の空間。なんといっても巷のサウナーはドライのサウナにやたら群がるので、スチームサウナはガラガラである。

どちらのサウナにせよ、整い方に大差はない。空いてるサウナがベストなサウナである。

しかしそのスチームサウナにはあの「12分時計」がないのが唯一の難点だったので、Amazonにてカシオの安いデジタル時計を買った。

これで追加料金なしでサウナと天然温泉を好きなだけ楽しめる。こうなるともはやスーパー銭湯や都心のサウナに行くのは金の無駄だと思えるのだった。

アルコールを飲んでいた頃は、サウナ→ごろ寝欲求が強すぎて、仮眠設備のないサウナはアウトオブ眼中だったのだけれど、最近は疲労感がまるでなく、横になりたい、昼寝したい欲求が皆無の為に、銭湯サウナで全然OKなのだ。今思えば、酒を飲んでいた頃はサウナが好きだったのではなく、とにかく横になりたかっただけだった。

銭湯近くのスーパーで1リットルの水を買って、サウナ三昧。飲み歩きやゴルフと比べて殆ど金のかからぬ道楽である。

更に言えば、サウナの友として一番うまいのは、ビールなぞではなく圧倒的に、水である。

脱水の身体が求めるのは酒ではない。水なのである。アルコールを入れてサウナに入ると更に脱水を催し、下手すると死ぬ。

スカッとサウナを浴びて速攻で帰宅してたっぷり眠る。ノンアルコール人生で一番幸せな瞬間かもしれない。