kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

簡単に生きること

しばらくの間、冒頭に結論を書く形式にしてたんだけど飽きたのでやめた。だらだら思いのまま書きたくなった。Siriで書いているから、‪端から‬ピラミッド構造にはならない。

簡単に生きることが大事だ。よくわからないブラックボックスは、漏れなく依存性が高い。複雑なものがないと生活が成り立たないと信じ込ませて、依存させる。

例えばコンビニなんていうシステムは複雑さの代表例で、コンビニが成立する為の複雑さに人を依存させて、ジリジリと値段を釣り上げていく。Amazonプライムの年会費なんかも、Amazonという複雑なプラットフォームへ依存させてから、ジリジリと値段を釣り上げていく。

プラットフォームとは要するに「依存性の高い複雑さ」で、例えばキリスト教とか国民国家なんかも「依存性の高い複雑さ」である。

己っちは複雑なシステムを鵜呑みにしないで生きていきたい。ブラックボックスのプラットフォームなんてなくても生きていける人間でありたい。それが「20000年前の人間でありたい──」という己っちの気持ちの真芯である。

ITによって依存性が高い複雑さを少人数で作り上げて維持できるようになって、依存性は一層高まり、富が一部の人間に集中するようになった。依存性の高い複雑さは、人間から自由を広く薄く掠め取る。ラインに依存して歩きながらスマホしてる人間は時間も金も奪われていることすら自覚できていない時点で絶望的な動物でしかないよね。

簡単に生きることを毎日考え続けなければ、すぐに複雑なプラットフォームに絡め取られ、銭と時間を吸い上げられる。

アルコールも要するに社会人システムという複雑な産学システムを駆動する為のマスト・ドラッグである。日本人が江戸から綿々と複雑化させてきた社会人システムが堅牢であるが故に、日本人の幸福度はめちゃくちゃ低い。