kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

いまこそ種の転換を

関東は大雪。ネットでは「ホワイト企業ならば早めに帰宅指示が出て当たり前」なぞ言われてるけど、己っちに言わせれば、帰宅指示を仰いでいる時点で奴隷じゃんか。お上から指示があろうがなかろうが、自分の頭で考えて帰れよ、と思う。

風邪をひいても休めないとか、雪が降っても帰れないとか、飲み会に行かないと仕事できないとか、これ全部、軍国主義カルト社会人の思い込みに過ぎない。

こういう時になると、日本の不気味な軍国思想が表面にせせり出てきて不気味。

前日には大雪が予想されていたのだから、いくらでも予防できたわけで、雪空の下でタクシーやバスの列に並んでいる人々の気持ちが本当によくわからない。電車が止まったのは、帰宅指示に従順な社会人が一気にターミナルに押し寄せたためではなかったのか。

己っちなぞはこういう時のために有給休暇があると思っているのでのうのうと朝風呂に入り、自宅で読書。雪が解けてから会社に向かうという有様。

今日みたいな日を点数稼ぎと考える生真面目だけが取り柄の末端カルト信者は、例えばオフィスのエレベーターで自発的にエレガ、エレボを務めてしまう。ナチスの末端。こいつらがいつまでも扉を閉めないので、全然エレベーターが動かなくなる。本当に邪魔くさい。

そろそろ本当に日本人は軍国社会人主義を棄てて、「種の転換」を果たさないとやばいと思う。同調や圧力ではなく、文字に基づく契約や数字に基づく仮説構築、課題設定を行動原理の核にしないと、一億総崩れとなりかねない。

まずアルコールをやめるところから、種の転換をはかろう。酒をやめると誰でも丸で違う種に生まれ変わることができる。