kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山 千利休

バスのメリット考

箱根から戻る。箱根はバスが発達していてクルマなしでなんの不自由もない。箱根のバスは、電マにもバッチリ対応している。

バスという交通ネットワークは、IoTでこれからもっと見直されていくだろうな。箱根とか都内とか、移動したい人が一定量いるエリアではその価値が見直されていく。

都内では、タクシーより都バスの方が好きな4つの理由。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

都バスの利点は勝間和代さんの指摘以外にもあって、己っちにとっては次のようなことが魅力。

知り合いに会わない

都バスってリーマンがあんまり乗ってないので、地下鉄やJRに比べて人目につかない。タクシーは乗り降りで人目につきやすいけど、バスはうまく姿をくらましやすい。

都営地下鉄とシームレス

都営まるごときっぷなら、都バスと都営地下鉄を縦横無尽に使い放題。同じ都営なので都営地下鉄の駅の近くには必ずと言っていい程の都バス路線がクロスしている。

ほぼ座れる

電車ほど混雑しておらず、ほぼ着席できるので、移動オフィスとして本を読んだり、窓の外を見たりして考えごとが捗る。車内には無料のWi-Fiも飛んでおり、Amazonミュージックやプライムビデオも使える。

まあ己っちの場合、自宅と勤務先ともに都営交通にとって便利なポイントであるので、自ずと都営交通の利用頻度が高まる。シェアオフィスやコワーキングスペースに固定費を払うよりも、必要な時だけ都営まるごときっぷを買う方が、コスパがいいし、なんと言ってもその時の気分であちこちに出かけられるので、飽きがこないし、自由で楽しい。

f:id:Mushiro_Hayashi:20171229202349j:image

箱根はポーラ美術館の15周年展がよかった。

100点の名画でめぐる100年の旅 | ポーラ美術館