kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

外食から離れて

忘年会・新年会は悉くスルー。忖度なんぞは金と時間を失うだけ。

スルーと無視は違う。忘年会を人前では決してdisらないのがスルー。お酒大好きなあちらの世界では、忘年会がお楽しみのビッグイベントであることを否定はしないのが大人のスルーだ。

アルコールをやめてから、己っち、外食も中食も出来るだけ避けたくなった。食べることや親睦を深めるために、何時間も使いたくない。

それから「アルコール・糖質・脂質・塩分」はとても結びつきが強いことに気づいた。日本ではこれに「タバコ」が加わるから最悪。居酒屋には酒をたくさん飲ませるためにわざと塩分を強くしているところも多い。手っ取り早く「美味しい」と思わせるなら、アルコールを飲ませながら、糖質、脂質、塩分をたっぷりにすればいいから、実は簡単なのだ。

アルコールを飲まないと、外食や中食の殆どは味がキツく感じる。酒は味覚も嗅覚も鈍くするのだ。酔ってもなお「美味しい」と感じるものは、食感や味のどぎついものばかり。

「忖度御膳」というファミマの弁当がぜんぜん売れてないらしい。身体を「忖度」する健康弁当なのかと思ったらそうでなく、豪奢な接待風弁当で、そりゃコンセプトが忖度の意味わかってないんだから売れんよな、と思う。

ローソンの高級おにぎりの鮭は、タイの工場で解凍してカットしてるらしいんだけど、そんなサプライチェーンって、本当に必要なのかな。

己っちはそのことを知った途端に、金輪奈落買いたくないなと思った(まあ、もともとローソンは余程のことがないと使わないけどね)。

外食や中食をできるだけ少なくして、平穏無事な生活を送りたい。