kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

それ、ファシズムですから

都バスをよく使っていると運転手がみな恐ろしいほど秒単位でスターフ(ダイヤ)通り運転していることがよくわかる。

例えば、8:53の都バスというのは、8:52いっぱいは停車しているのだが、8:53になったらまさにその瞬間ドアを閉めて走り始める。8:53の10秒後にバス停にたどり着いてもそこにバスは待ってない。

彼らはひとり残らず、そういう運行を是としているのだ。

日本の鉄道会社が20秒早い発車を謝罪 欧米メディアが関心 | NHKニュース

外人からしたらこれは「褒めるしかない」のかもしれないが、内心は不気味に思っているはずだ。

以前にもブログに書いたけれど、秒単位の運行の背景にあるのは、正直なところ、単なるファシズムである。

スピン経済の歩き方:「日本の鉄道は世界一」という人がヤバい理由(要約) - ITmedia ビジネスオンライン

ドラッカーは、1933年、ヒトラーが政権をとった日の数週間後に書き始めた『「経済人」の終わり』(ダイヤモンド社)の中で以下のように書いている。

『イタリアの印象を聞かれて、「乞食がいなかった。汽車が時間通りに走っていた」と答えた老婦人を馬鹿にしてはならない。なまじの論文よりも、よほどファシズムの本質をついている。ファシズムにおいては、汽車が時間通りに走り、乞食が大通りから追い払われる。南大西洋で最高速の船を運航し、世界一道幅の広い道路をつくる。組織と技術の細部それ自体が目的と化す。技術的、経済的、軍事的な有用性さえ、二の次となる』(経済人の終わり)

社会全体に相互監視と同調圧力がビンビンにみなぎっているから、ぽっぽ屋は秒単位に運行するのである。

先日の東急田園都市線の送電線トラブルでも、電車が止まっているのに通勤通学をやめない乗客が、大騒ぎしたり怒ったり泣いたりしていたけれど、己っちからすると乗る方も運ぶ方も、生真面目なファシズムの奴隷に過ぎない。

何ともお気の毒なことである。

f:id:Mushiro_Hayashi:20171118231351j:image